Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韓国在住の脱北女性、4分の1が性的暴力の被害 支援見返りに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ロイター

脱北女性のリーさんは、「ドクター・ソン」と名乗る謎の韓国のスパイに初めて会った時、助けてくれる父親のような人物を見つけたと思っていた。だが、リーさんはまもなく彼らから性的虐待を受けるようになった。 リーさんは6年前に、身の安全を求めて韓国へと脱北。だが、韓国のスパイに会ってから、別の悪夢が始まった。 そのスパイにレイプされたという。 「自分自身に腹が立った。 身を守るか、ナイフで戦うべきだったのに、その時私は反撃できなかった」 被害者はリーさんだけではないかもしれない。 韓国在住の脱北者は、72%以上が女性。うち少なくとも4分の1は、韓国で性的暴力を受けたが、女性家族部の2017年の調査では、助けを求めたのは10%未満だった。 リーさんに性的虐待を加えたのは、「ドクター・ソン」と名乗る謎の男。新しい人生を助けてくれる、父親のような存在だったという。 リーさんは北朝鮮の軍事研究所で働いていたことがある。ソンは、情報提供の見返りにリーさんに金を支払い、北朝鮮の秘密警察に拘束されていた兄との再会も手伝ってくれた。 だが、まもなくソンと、キムと名乗るその同僚は、リーさんに性的虐待を加え始めた。 性的虐待は1年半も続き、2回の中絶を強いられた。 「彼らは、脱北後私が初めて信頼し、尊敬し、頼りにしていた人々だった」 軍当局は9月、中佐と下士官各1人を、性的暴行とレイプの容疑で起訴したが、2人ともレイプ容疑を否認。同意の上だったと主張している。 リーさんの弁護士は韓国の制度が、脱北者が弱みにつけ込まれる原因を作っていると主張。 チョン・スミ弁護士 「女性らは断ることができず、服従しなければならず、要求されれば真夜中でも出向かなければならないという。脱北者に対する韓国の監視制度では、ただの公務員でも、神のように絶対的な力を与えられる」 脱北者らは、北朝鮮との関係改善を優先事項としている文在寅政権が、脱北者の政治活動を圧迫し、一部を強制送還するなど、脱北者の権利を無視していると訴えている。

【関連記事】