Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ経済対策~100兆円ほどの基金をつくって対処するべき

配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月27日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。新型コロナ対策に向けて閣議決定する第2次補正予算案について解説した。

新型コロナ経済対策~第2次補正予算案を閣議決定

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた2020年度の第2次補正予算案について、政府は27日に閣議決定する方針である。雇用調整助成金の上限額引き上げや事業者の家賃支援策など、事業規模は100兆円を超える見通しである。 飯田)事業規模100兆円ということで、真水の部分は前回の1次補正よりも多いと言われていますが、本当ですか? 高橋)真水は定義がないのでいくらでも話せますが、一般的に言うと真水は補助金です。この補助金よりは出資が多いと思います。企業の方に出資するという形でやるのですが、経済的には出資は貸し付けに似ています。出資を増やすときに国債で増やすので、国債の数字だけ見ていると、真水が増えたように見えるのですが、補助金はそれほどに増えていません。中身を見ると、企業への出資が多くて、企業を支援するということは出ています。 飯田)その出資というのは、官民でファンドをつくって中小企業に資本注入を行う、あるいは劣後ローンの拡大ということになりますか?

個人への補助金より企業への出資額が増えている~経済回復のために企業の倒産を防ぐ

高橋)そうです。個人が給付金を受けられるというパターンではなく、企業の財務基盤を高めて企業の倒産を防ぐという政策です。そこは今回も12兆円レベルで出資しているので、かなりやっていると思います。その数字が表れていて、出資額を増やすときに国債を出すので、そういう意味で国債発行額が30兆円くらいになっているのです。でも伝統的な意味での渡切の補助金ではありません。伝統的な意味で言うと、それは真水ではありません。 飯田)今回は景気を浮揚させるというよりも、倒産を防ぐ方が中心だからこうなるということですか? 高橋)とりあえず企業を支えなければというレベルでやっています。経済が悪くなるというのはGDPの数字で出ます。この間、一時速報が出て3.4マイナスでしたが、これは1~2月の話で3月分は入っていません。3月分が入ったものは来月(6月)出ますし、さらに4~6月期は悲惨な数字が出ます。この数字が出てから3次補正になるのではないでしょうか。

【関連記事】