Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乃木坂46 白石麻衣、TOSHI-LOWから意外な質問攻め「ご飯の取り合いの時はみんな本気で行く」

配信

リアルサウンド

 バカリズムがメインMCを務める音楽番組『バズリズム02』(日本テレビ系)。5月22日放送回では、東京スカパラダイスオーケストラが主催アーティストを務める『テレFES. 2020』から前夜祭として秘蔵ライブ・夢の合同トークの一部が先行公開された。  オーガナイザーを務める東京スカパラダイスオーケストラ(谷中敦・加藤隆志・茂木欣一)のもとに集まったのは、白石麻衣(乃木坂46)、ジャン・ケン・ジョニー(MAN WITH A MISSION)、TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)、BiSH(アイナ・ジ・エンド/セントチヒロ・チッチ)、milet。自宅参加型トークフェスを開催した。  TOSHI-LOWは白石に「真面目になっちゃうんだけど、実際バンドとかアイドルグループって、メンバーがいるでしょ。どういう時に、ほかのメンバーとぶん殴りあいするのかな?」と質問。鳩が豆鉄砲をくらったような顔を浮かべる白石に、「どこ狙うのかだけ。急所?」とTOSHI-LOWはさらに追求していく。この際どい質問に白石は「ケンカはないんですけど、ご飯の取り合いの時はみんな本気で行くので。お弁当の取り合いはよくしています」と回答した。  そんな白石はBiSHの2人に「私からしたらかっこいいクールなイメージがあるんですけど、私生活があまり見えないなと思うので、おうち時間とかプライベートはどういうことをして過ごしているのかなと思って」と質問。チッチは「猫と過ごしてます」と飼い猫を持ち上げカメラの前に登場させると、バカリズムが「まんまるっすね(笑)。だいぶ太ってますね」と反応。アイナは「生きてきた中で今が何にもしてないです」と述べながらも、「料理ずっと下手だったんですけど、今までは白いご飯にしらす乗せるだけが安定だったんです。最近はパスタを作れるようになって、オリーブオイルとしらすです」と報告した。  さらにトークゲストにはnever young beachが登場。彼らの結成秘話から各メンバーの面白エピソードまで、5枚の写真で大解剖した。結成が同時期で合同ライブを行うほどの関係値をもつSuchmos。安部勇磨はSuchmos結成前からメンバーのYONCEと知り合いだった。それぞれ新しくバンドをはじめ、ライブハウスなどで会うようになり5・6年の付き合いになる。そこでSuchmosのYONCEに緊急アンケート。「ネバヤンメンバー1人をSuchmosに入れるとしたら?」という質問に、YONCEは「たつさん(巽)かスズケン(鈴木)かな。理由が面倒みてくれそう。ご飯作ってほしい」と回答。「Suchmosにとってネバヤンはどんな存在?」には、「お互いデビューした時期も世代も一緒で中学の同級生みたいな関係だと思っています」と言葉を送った。  リモートライブではgo!go!vanillas「アメイジングレース」、GENIC「SUN COMES UP」がパフォーマンスされた。5月29日の放送では『テレFes.2020』がオンエア予定だ。

向原康太

【関連記事】