Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【姉妹車内置き去り死】幼い2人に何が…警察は車内温度の上昇実験、関係者が語る容疑者の“横顔”「子どもについてよく話していた」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KSB瀬戸内海放送

 高松市で幼い姉妹を車内に置き去りにして死亡させたとして母親が逮捕された事件です。15日、警察は容疑者の車を使って車内の温度がどのように上がるか、実験しました。なぜ、高温になる車の中に幼い娘たちを放置したのか、取材を通して見えてきた母親の姿とは?

車の中で「子どもがぐったりしている」…母親が119番通報

 9月3日の昼過ぎ高松市常磐町の路上に止めた車の中で「子どもがぐったりしている」と母親から119番通報がありました。2人は病院に救急搬送され、午後2時半ごろ、死亡が確認されました。

(現場の近隣住民) 「お母さんが降りてこられて、子どもが熱中症で大変なんです。ちょっと顔叩いたんです。大丈夫か言って。一切2人ともピクリともしなかった」

母親を逮捕・送検…前日夜から姉妹を放置か

 高松市川島東町の無職・竹内麻理亜容疑者(26)。  警察によりますと、9月2日の午後9時ごろから3日の昼ごろまで、高松市常磐町のコインパーキングに止めた車に6歳と3歳の姉妹を置き去りにして、熱中症とみられる症状で死なせた疑いが持たれています。 (現場の近隣住民) 「なにしよったん?って聞いたら、大腸炎でトイレに行ってましたって言われて。エンジンはかけていたつもりだったんですけどっていう感じで」

車内温度はどう上昇?警察が容疑者の車で実験

 警察は15日、竹内容疑者の車を使って姉妹が放置されていたのと同じ時間帯、環境で車内温度がどのように上昇するか調べました。

 竹内容疑者は当初エアコンをかけていたという趣旨の供述をしていましたが、一転して、「窓を閉めエアコンもかけていなかった」と話していることが新たにわかりました。  また、過去にもエンジンをかけずに姉妹を車に残して飲みに行っていたと供述しているということです。

竹内容疑者、当日の行動とは

 ここで改めて当日の竹内容疑者の行動を振り返ります。

■午後9時以前 姉妹を連れて実家から繁華街へ ■午後9時頃~ 姉妹を車に残し、1人で3軒飲み歩く ■明け方 3軒目で居合わせた知人男性男性宅へ ■昼頃 コインパーキングに戻る ■昼過ぎ 車を移動させて119番通報

【関連記事】