Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BiSHインタビュー「会いたいけど会えないから、音楽に込めた私たちの想い」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Numero TOKYO

「楽器を持たないパンクバンド」BiSH。2015年にデビューして以来、6人のパワフルなパフォーマンスは、多くの熱狂的なファンを生み出してきた。精力的にライブ活動を行ってきた彼女たちだが、今年、新型コロナウィルスの影響により予定されていたツアーやフェスが全て中止に追い込まれた。そこで、今の想いを詰め込んだアルバム『LETTERS』を急遽リリース。曲に込めたメッセージや、彼女たちの今について話を聞いた。

活動を初めて6年目。1ヶ月も休んだのは初めて

──今回の『LETTERS』をリリースする経緯を教えてください。 セントチヒロ・チッチ(以下チッチ):「元々は、夏にシングルをリリースする予定で制作していたんです。でも、世界がこういう状況になり、BiSHの活動もストップしてしまって。もどかしい日々の中で、私たちにできることはないかと考えたときに、それは音楽を届けることなんじゃないかと思って、新曲を追加して、“3.5枚目のアルバム”という形にしました。BiSHはいつも等身大の気持ちを歌っているけれど、今回は、これまで以上にストレートな気持ちを込めています」 ──外出自粛期間中はお休みだったんですよね。 ハシヤスメ・アツコ(以下ハシヤスメ):「2月末までライブがあって、3月に無観客ライブをして。そこから1ヶ月以上お休みでした」 アイナ・ジ・エンド(以下アイナ):「お休み中にリモート取材を受けたり、それぞれ曲を作ったりはしていたんですけど、メンバーと、こんなに会わなかったのは初めてだったかも」 アユニ・D(以下アユニ):「自粛明けで全員が顔を合わせたのは、練習のときでした。普段なら終わったらみんなすぐに帰るんですけど、活動が再開して初めての練習は、みんなずっと残って喋ってました」 モモコグミカンバニー(以下モモコ):「久しぶりだから、ちょっとぎこちなかった気がします」 ハシヤスメ:「1ヶ月でみんなが激太りしてたり、顔が変わっていたらどうしようと思ったけど、そのままで安心しました(笑)」 ──デビューから6年目。『アメトーーク』では「BiSHドハマり芸人」の回が放送されたり、各メンバーがそれぞれメディアで活躍したり、注目が高まっています。今、BiSHとして新たな段階に入っている感覚はありますか。 チッチ:「これまでライブでたくさんの人と出会って、支えられて今があるので、一歩ずつ新しい場所に進んでいる感覚です。私たちはこうありたいという考え方は成長しているけれど、中身は変わらずそのままです」 モモコ:「プロデューサーの渡辺(淳之介)さんが、お客さんが入るのか心配になるくらい大きなハコを押さえて、さあがんばれ、と言うような人なので、最初の頃はずっと背伸びして、しがみついてきて。そんなBiSHをみんなが支えてくれて今があるので、みんなで一緒に歩いてきたという感覚です」

【関連記事】