Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルーニー、ファン・ハールが解任されて「ショックだった」と振り返る! 「どの監督よりも多くを学べた」とも

配信

超WORLDサッカー!

ダービー・カウンティのコーチ兼任選手である元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが古巣マンチェスター・ユナイテッドによるルイス・ファン・ハール氏の解任を「過ち」だと語った。イギリス『ミラー』が伝えている。 【動画】代表合宿でもふざけるリンガード 2014年夏からユナイテッド指揮官に就任したファン・ハール氏は2年目にFAカップを制したが、肝心のプレミアリーグでチャンピオンズリーグ出場権を逃すなど苦戦。3年契約を結んでの監督就任だったが、FAカップ優勝から2日後に解任され、翌シーズンからのジョゼ・モウリーニョ(現トッテナム監督)政権誕生に繋がった。 当時、ユナイテッドの背番号「10」を背負い、ファン・ハール体制でプレーしたルーニー。感謝の気持ちを口にしつつ、2年で解任されるべきではなかったと主張した。 「ルイスが解任されたとき、ひどくショックを受けたよ。彼と一緒に働くことにすごく喜びを感じていたからね。3シーズン目の指揮をさせるべきだった。もっと強くなっていただろう」 「状況が改善されている感覚があったし、選手は彼のビジョンを理解し始めていたんだ。この2年間で他のどの監督よりも多くのことを学んだ」 「これが彼にずっと感謝している理由さ。僕をキャプテンにしてくれただけでなく、大きな信頼や信念も感じられた」 「リーグで最高のチームではなかったが、12人の負傷者を出して余裕なんてなかった。ベストイレブンはトップ4を争えるレベルだったね。でも、負傷者が続出した後はクオリティが低下し、問題が起きたんだ」 「あの頃からいつか監督になりたいと決心できたし、僕にとって良かったこと。彼から多くを学べたし、すごく貴重な時間だったんだ。もっと良い指揮官を望んでいたはずがない」

超WORLDサッカー!

【関連記事】