Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

250ccオフロード車は今が狙い目!? めちゃ楽しいモデルが目白押しだった1980~90年代国産マシンたち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
モーサイ

1980年代に起こった空前絶後のバイクブームと聞けば、「あの時代はすごかったよなぁ」と懐かしい気持ちになる人も多いだろう。 メーカーも毎月のように新型車を投入し、バイク情報誌にはライバルモデルの比較試乗が刺激的な見出しとともに掲載される。バイク好きたちはその記事に胸を躍らせ、自身の愛車を駆って峠道を攻め込むライダーが日本中にあふれかえった。 今では考えられない、本当にすごい時代だったのである。 【画像28点!】豊富な画像で1980~2000年代のお薦めオフロード車をチェック!! 当時人気の中心にあったのはNSR250Rなどのレーサーレプリカを中心とするオンロードマシンあったが、シティユースやロングツーリングをメインにするライダーから注目を集めていたのが、オフロードを走るための軽さと単気筒エンジンの瞬発力、ワイルドなスタイルを持つ250ccクラスのデュアルパーパスモデルだった。 デュアルパーパスとはオフロード走行のみならず、街乗りやツーリングなどのオンロードでも楽しく走れるモデルのこと。オン/オフ問わずに走行できる汎用性の高さだけでなく、車種によってはレーサーレプリカにはない利便性を追求したモデルもあった。

用途によって様々なモデルが登場したが、4ストモデルは扱いやすさを求めて進化。パリ・ダカールやバハ1000といったラリーレイドイメージの大型ヘッドライトやビッグタンクを装備したモデルも生まれた。 XL250Rパリダカール、XLR/XRバハ、TT250レイド、ジェベルXCなどがそうで、ロングツーリング派には強く支持された(現在の小型アドベンチャーモデルのルーツでもある)。 一方で2ストモデルでは当時人気を集めていたモトクロス遊び(1982年に開催された後楽園スーパークロスの影響が大きかった)も可能なようにサスストロークはよりロングに、エンジンはレスポンスが鋭くなっていった。 DT200R/WR、CRM250R、RH/RMX250、KDX200/250SRなど軽量かつハイパワーのエンジンを載せたこれらのモデルが、街なかで2ストレプリカを煙に巻く光景も見られた。

【関連記事】