Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年度、駐車マスが拡充または縮小する全国SA・PA一覧【普通車編】

配信

Park blog

高速道路のSA・PAで、駐車エリアの混雑が目につくようになってきた。その対策として3社によって進められているのが、駐車マスの拡充と、大型車と普通車のマスの数の調整だ。ここでは、2020年度中に普通車の駐車マスの拡充が計画されているSA・PAと、逆に大型車マスとの調整等で縮小予定のSA・PAを一覧にして掲載する。

 高速道路のSA・PAには、3種類の駐車マスがある。普通車と二輪車用の「普通車(専用)マス」と、大型車用の「大型車(専用)マス」、そして普通車と大型車のどちらでも利用できる「兼用マス」だ。しかし、大型車マスに普通車を駐車したり、大型車が長いときには半日にも及ぶような長時間駐車が行われたりするような課題も発生している。その結果、大型車が大型車マスが空くのを待つために渋滞が本線まで伸びてしまうといった混雑が起きてしまっている。  この課題を解消するため、駐車マスの拡充が行われている。普通車専用マスを縮小して大型車専用マスを拡充したり、日中に利用されることの多い普通車と夜間に利用されることの多い大型車の時間帯の違いを利用して兼用マスを増やしたりするなどして、大型車の利便性を挙げる方向だ。  一方で敷地内のスペースを再構成したり、周辺に土地の余裕があるSA・PAでは敷地を拡充するなどして普通車マスを増やす取り組みも行われており、2020年度は全国で800マス以上が拡充される計画だ。

2020年度に駐車マスが拡充される全国SA・PAは34か所

 普通車の駐車マスが拡充されるSA・PAは、NEXCO東日本が9か所、NEXCO中日本が16か所、NEXCO西日本が9か所の合計34か所に及ぶ。リストの見方は、「27マス(9マス増)」などとある場合は、2020年度の工事で9マスが拡充され、27マスとなることを表している。なお、今回は専用マス・兼用マスの区別をなくし、普通車が駐車できるマス数のみを記載した。  掲載した路線は以下の通り。 【NEXCO東日本】 E4東北道、E14京葉道路、E17関越道、E18上信越道、E51東関道 【NEXCO中日本】 E1東名高速、E1A新東名高速、E8北陸道、E19・E20中央道 【NEXCO西日本】 E1名神高速、E2山陽道、E3九州道、E34長崎道

【関連記事】