Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

球磨栗を使ったカントリーマアムなどで熊本の被災地を支援

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本食糧新聞

不二家は、2020年秋の新商品としてロングセラーブランド「カントリーマアム」「ルック」「ミルキー」で、熊本県産原料を使用した秋らしい味わいを提案する。パッケージには今年デビュー10周年の人気ご当地キャラクター「くまモン」が登場し、こだわりの熊本県産原料をアピールする。 なお、今回発売する熊本県産原料を使用した商品の売上げの一部は、熊本県南部豪雨で被災された人々を支援するため熊本県に寄付され、熊本県を通じ被災地の支援に充てられる。 「カントリーマアム(熊本県産球磨栗)」は、熊本県人吉・球磨地域産の和栗「球磨栗」を使用した、濃厚な味わいを楽しめるカントリーマアム。個包装から取り出しオーブントースターや電子レンジで温めると、焼き栗のようなほくほくとしたおいしさが楽しめる。 パッケージは、かさをかぶったくまモンが栗拾いをするかわいいデザインに仕上げた。個包装もくまモン柄で全7種類を用意。14枚、参考小売価格324円(税込み)。11日発売。25日にはミニサイズ47g、同108円も発売。 「ルック(熊本県産利平栗&紅はるか)」は、熊本県産のこだわりの秋の味覚である、利平栗と紅はるかを食べくらべることができる「ルックチョコレート」。〈利平栗〉は、甘みと香りが強く濃厚な味わいの利平栗ソースとクリーム入り。〈紅はるか〉は、しっとりしていて甘みが強い紅はるかクリーム入り。 パッケージの表面はもちろん、箱の内側や内袋にもくまモンをデザインしたくまモンづくしの楽しいパッケージに仕上げた。12粒、同130円。 「ミルキー(熊本県産利平栗)袋」は、熊本県産利平栗ペーストを配合し秋らしい味わいに仕立てた季節限定ミルキー。栗を手にした秋の装いのペコちゃんとくまモンが肩を並べる限定パッケージ。80g、同216円。

日本食糧新聞社

【関連記事】