Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本田圭佑「著作権フリーの曲を僕に作って」 ツイッター呼びかけに豪華作曲家が反応、でも報酬は?

配信

J-CASTニュース

「どなたか作曲家の方で著作権フリーの曲を僕に作って頂けないでしょうか?」  元日本代表MF本田圭佑(34)さんは、音声サービス「NowVoice」で使用できる楽曲を募集しており、多数の作曲家が名乗りを上げた。 本田圭佑さんのツイート ■「Wildflower」の多保孝一、演劇ハイキューの和田俊輔も  本田さんは、自身がCEOを務めるNow Do(東京都中央区)とインターネットスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」を運営する運動通信社(東京都港区)が共同運営する音楽サービス「NowVoice」で使用するとして7日、ツイッター上で楽曲の募集を告知した。  「NowVoice」は、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの本音の「声」が聴き放題となるサービスとしており、プロゴルファーの石川遼選手やスキージャンプの高梨沙良選手、ホストで実業家のROLANDさん、ミュージシャンの葉加瀬太郎さんなど多数の著名人の「声」が登録されている。本田さんが今回募集するのは、自身がNowVoiceで話すときに流す曲だ。 「気に入った楽曲を選ばせて頂きます。(選考は僕の主観になりますが、お許しください)」  追記のツイートで、「曲調はグーとエネルギーが湧き出てくるような感じ」、「なんかもっとこう気持ちよく話ができるような楽曲」が良いなどの詳細を綴る。8日には、募集フォームを公開した。  本田さんのツイートには、Superflyの「Wildflower」作編曲を手掛けたことなどで知られる多保孝一さんや、演劇「ハイキュー!! "飛翔"」の音楽制作に携わった和田俊輔さんや、男性音楽グループ「SOLIDEMO (ソリディーモ)」のリーダーであるシュネル(SCHNELL)さんなど幅広い作曲家が名乗りを上げている。さっそく楽曲を製作し、ツイッター上に動画を添付した人も現れた。

ケイスケホンダの意外な楽才が明らかに?

 一方で、作曲家に対する報酬などへの言及がないことに批判もあがった。 「本田さん、アーティストは対価を得て曲を提供したり著作料を生業にしています。タダで提供しろとは書いてませんが本田さんのこの提案がアーティストに還元できるものあればいいなと思っています。」「提供側の知名度の高い低い関わらず、正当なアプローチ且つ相応の報酬発生も含めての募集にして欲しかった」  確かに本田さんのツイート、投稿フォームにはともに報酬などへの言及はない。もっとも、「著作権フリー」は必ずしも無報酬を意味しないため、本田さんの真意は不明だ。  本田さんは、これらのツイートに対してリアクションは行っていない。しかし、Now Doの取締役副社長兼COOである鈴木良介さんによる「歌大好きなんだから、この際自分で作ってしまえば良いのに。マイケルジャクソンの曲を本田圭佑のオリジナルソングなのか?と思わせる歌唱力と表現力」というツイートには、 「歌は情熱。人生も同じ」 とコメントした。

【関連記事】