Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

女子高校生はLINEで告白するのが普通? 経験者の後悔と今は

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校生新聞オンライン

好きな人に告白したことがありますか? 直接言うのか、LINEを使うか、はたまた手紙を渡すか……あなただったらどうしますか? 初恋の人にLINEで告白した高校生記者の体験談を紹介します。

文化祭がきっかけで仲よくなって

私は高校生になって、初めて好きな人ができました。同じ中学校に通っていたけれど、ほとんど話したことはなく、高校に入ってから文化祭をきっかけに仲よくなりました。お互い歌が好きだという趣味が合い、一緒にカラオケに行ったりしているうちに、彼にひかれていきました。

私から告白、決意してからLINEするのに2週間かかり

けれども、私は引っ込み思案で、自分から告白するようなタイプではなく、告白するのをためらっていました。このままの関係で十分だと自分に言い聞かせながらも、日々彼への想いが募り、ついに私はLINEで告白することを決心しました。

こんな方法でもよいのかと悩みましたが、当時の私にはその方法しか考えつかなかったのです。文面は簡単、「あなたが好きです」。このたった数文字を送るのに、2週間かかりました。ようやく覚悟を決め送信ボタンを押すと、10分後に返信が来ました。

「直接言ってほしかった」返事にショック、ふて寝…

ドキドキしながらLINEを開けると、一言「直接言ってほしかった」。これだけでした。

撃沈ですよ。正直もうダメだ思いました。私は恥ずかしさのあまりすぐに送信取消をして、スマホの電源まで切って、ふて寝をしました。

次の日にちゃんと彼に会い、昨日のことを謝って、しっかり顔を見て言いました。すると、まさかのOK。とてもうれしかったです。

LINEで告白、便利だけれども

好きな人に想いを伝えることは、簡単なことではありません。便利なアプリに頼りたくなってしまう気持ちもよくわかりますが、やはり直接向き合ってコミュニケーションをとることは大切だなと思いました。LINEを利用するときは、使うべき場合をよく考えたほうがよいと思います。

そんな彼とも付き合ってもうすぐ1年です。今でも面と向き合って好きだと言うのは照れくさいので、カラオケボックスなど2人きりのときに、彼に優しく抱きついて、耳元で「好きだよ」とささやくのが私の今の想いの伝え方です。(高校生記者・りんごほっぺ=2年)

高校生新聞

【関連記事】