Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

よく耳にする「免疫」とは? 今さら訊けない、基本的な仕組みと免疫力アップのコツ。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

“免疫力アップ” というキャッチコピーが日常に溢れていて、免疫力をつければウィルス感染のリスクを避けられるのではと、漠然とイメージしている人も多いのでは? 実際にサプリメントやスーパーフードを取り入れている人もたくさんいるでしょう。そこで、今回は米国版『SELF』で紹介されていた、免疫システムを解説している記事をピックアップ。免疫力を高めたりキープしたりするにはどうしたら良いの? 専門家のアドバイスをチェック! 出典:SELF

免疫システムの基本機能とは?

まず、人間の身体の防御システムは、先天性と適応性の2つの主要パーツに分けることができるという。 「先天性の免疫システムは侵入者が体内に入らないようにするため、最前列にいる一連の防壁。皮膚、粘膜、咳反射などが含まれます。適応性の免疫システムはもっと具体的です。特殊な細胞を使って、侵入者をターゲットに攻撃します。また、これらの病原体を記憶する “記憶細胞” を作り出し、次にまたこの病原体に遭遇した時に、より迅速かつ効果的に撃退できるよう対応します」(ノードラー医学博士) 免疫システムが病原体にどう反応するかは、過去から繋がって影響を受けています。 「人がもつ免疫システムの機能は、基本みんな同じですが、免疫システムの強みと脆弱性は、人それぞれで、私たちがコントロールできない要因に左右されます。遺伝的な要因もありますし、その人がこれまでの人生で自然に、もしくはワクチン接種を通してどのような種類のウイルスやバクテリアにさらされてきたかに大きく影響されます。そのため、適応性システムが記憶細胞をつくり出すのです」(ニコライ・ヴァン・オース医学博士 / UTサウスウエストメディカルセンター 免疫学部助教授) このため、 ある人は他の人と比べて、特定の種類のウイルスや細菌による感染症にかかりづらかったり治りが早かったりするのだという。

免疫力がすぐにアップしない理由は?

免疫システムの多くがすでに決められた要因をベースにしていることはわかったけれど、では、すぐにでも機能向上につながる方法はあるのだろうか? 結論から述べると、免疫システムは、必要な時にすぐ働きを加速できる単純なものではない。 「私たち人間の免疫システムは素晴らしく、役割をきちんと理解しています。かなりの数の細胞が関わっているため、パワーアップさせるためには1つの細胞ではなくシステム全体を加速させる必要があります」(ノードラー医学博士) “免疫力アップ” というとまるで、細胞の数を増やすかのように聞こえてしまうかもしれないが、免疫細胞の数を増やすのではなく、細胞が通常通り機能し、最大のパフォーマンスを果たすことが重要だそう。 「免疫反応の活動が活発になりすぎると、過剰な量の炎症を引き起こして具合がかなり悪くなる可能性があるため、免疫反応を強化したいという考えは理にかないません。本当に必要なのは、免疫反応をきちんと機能させることです」(カプラン博士)

【関連記事】