Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

通知文は金正恩の偽装謝罪

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Japan In-depth

【まとめ】

・韓国海洋水産部職員の銃殺・焼却への北「通知文」は欺瞞。 ・国際批判をかわし権威守るため、金正恩は謝罪演出。 ・「異例の謝罪」と喜ぶ文在寅政権の従北政策は一層露骨化へ。

統一戦線部の通知文は金正恩の謝罪にあらず 9月23日に北朝鮮海域の洋上で北朝鮮軍によって銃殺され遺体を焼かれた韓国海洋水産部職員李さん(47)の事件。これに対する北朝鮮の「統一戦線部通知文」が25日に国家情報院を通じて韓国政府に届けられた。韓国の政府与党と支持者たちは「金正恩が謝罪した」と大騒ぎしている。しかしこの通知文は、韓国民と国際世論を欺瞞する巧妙な世論操作作文であって、誠意ある謝罪とは言えない。 韓国非難と矛盾に満ちた「統一戦線部通知文」 誠意ある謝罪は、真相の究明に基づく謝罪でなければならならない。そして責任者の処罰、再発防止の措置がセットとなって初めて誠意ある謝罪となる。しかし今回の統一戦線部の通知文にはそうした内容は一切ない。最後の部分で「金正恩委員長は文大統領と南側の同胞たちに大きな失望感を与えたことに対して大変申し訳なく思っている」と、伝言形式で「謝罪」を伝えているだけだ。 ほとんどの内容は、韓国海洋水産部職員李氏を海上で射殺したことに対する自己正当化と、韓国軍に対する非難となっている。遺体を焼却したのか?海洋水産部職員が越北者(北朝鮮への亡命者)だったのか?銃撃に至った状況は?など、核心となる争点では韓国軍当局の発表とは大きく違う見解を示している。 そればかりか、北朝鮮は、韓国軍が「蛮行」「応分の対価」などの表現を使ったことについて、「不敬で対決的な色合いが濃い表現を使ったことに対して非常に遺憾に思う」と逆に非難している。 また記述内容に矛盾点も多い。李さんに80m先から身分確認した、李さんが逃げようとしたために射殺したなどとしているが、28時間漂流して声も出せない状態の人が80m先から尋問に応じたり、海の真っ只中から逃げ出したりできるわけがない。 さらには銃撃したのは事実だが、遺体を焼いてはいないとも主張し、李さんが救命胴衣を着ていたにも関わらず、死体がどこへ沈んだかわからないなどとしている。遺体を焼いていなければ、救命胴衣を着用していた遺体は海上に浮かんでいるはずだ。

【関連記事】