Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【まるごと記者会見】マレー「オリンピックの時は、フェデラーがボックス席に座ってた」全米OP1回戦後(後編)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE TENNIS DAILY

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~男子9月13日/ハードコート)大会2日目、男子シングルス1回戦で、現在世界ランキング115位のアンディ・マレー(イギリス)が4-6、4-6、7-6(5)、7-6(4)、6-4で西岡良仁(日本/ミキハウス)を下し、2回戦進出を決めた。 【動画】4時間39分の大激戦を制す マレーvs西岡良仁/全米OP男子1回戦 勝者マレーは、試合後の記者会見で以下のように語った。(後編) Q: フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が先週手術を受けたことをどう思いますか?あなた方はお互いの励みになっているように見えます。 「手術が正確にどんなものだったかは知らないんだ。もちろんそれを聞いた時は悲しかったよ。チームのみんなと彼に連絡しようかと話してたんだ。彼はいくつも怪我に見舞われて、信じられないぐらい運が悪いよ。でもずっと復帰しようと頑張っている。 僕の方がまだ怪我は少なかったと思う。でもここ数年は、彼の経験が完全に理解できるよ。精神的に、信じられないぐらいきついに違いない。だから手術が成功して、コートに戻れることを祈ってる。彼が復帰しようとここまで努力するのは、本当にテニスを愛している証だ。復帰してまた活躍が見られれば素晴らしい。彼はそれに価する選手だからね」 Q: あの静かなスタジアムでジェイミーの声を聞けたのは助けになりましたか? 「うん、さっきも言ったようにね。兄(ジェイミー・マレー)のことかコーチ(ジェイミー・デルガド)のことかわからないけど。ほとんどからっぽのスタジアム、世界最大のテニスのスタジアムで、応援してくれる人が何人かいることは本当に助けになったよ。 僕にとっては、その人が何を言うかじゃないんだ。大観衆の中でプレーする時、僕はよくその中の人たちとアイコンタクトをとる。なぜかわからないけど、それが僕に力をくれるんだ。彼らが何と言っているか実際に聞こえるかどうかは、あまり関係ない気がする」 Q: 次戦の相手は20歳のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)です。彼について何を知っていますか?どんなところが難しい選手ですか? 「彼はビッグなストロークを打つ。動きがいい。去年北京で打ち合ったことがあるよ。打ち合ったのはその時だけだと思う。ランキングも世界20位か21位だろう?(21位)トップ選手の一人になろうとしている。ハードコートが得意だね。時々サーブがうまくいかないことがある。もし試合でそうなれば、弱点をつくよ。 彼は若手のトップ選手の一人だ。これから素晴らしいキャリアを築くだろう。かなり若い年齢から本当にいい選手だった。フィジカル的には、素晴らしい動きのできるいいアスリートだ。あっという間に成長してるね」 Q: 長い間グランドスラムから離れていて、今日大変な試合を勝ち抜くことができた。試合後にそのことをしみじみ喜ぶ時間はとれましたか? 「そうだね、試合が終わった直後はかなり感情的になっていたと思う。ロッカールームに帰ると、携帯電話に家族や友人やチームからメッセージが来ていて。彼らは僕があらゆることを、辛い時も、潜り抜けて来たのを見てきた。一体何人の人が、僕があんな試合を勝てるまでに復活できると信じていただろうか。 だからもちろん試合後は感情的になった。そして家族や友人たちからのメッセージを見ていたら、実感がわいた。なぜかは分からないけど。今日の勝利はとても意味がある。長い道のりだったからね」 Q: ボックスから出てきて観戦していた人々の話をしていましたが、あなたも昨日あそこで観戦していましたね。それは、ボックス席はあなたたちに与えられていて、他にすることがないからですか?それともテニス観戦や、応援が好きだからですか? 「昨日アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)とケビン・アンダーソン(南アフリカ)の試合を見ていたのは、興味があったからだよ。1回戦の好カードだったね。それにボックス席は、本当にすごくいいよ。 選手たちには、誰かが客席にいることは少しでも助けになると思う。たとえば昨日キャメロン・ノリ―(イギリス)が試合していた時は、何人ものイギリスの選手が応援に来ていた。無観客でない時でもできるけど、観客の声が大きければ僕らの声は聞こえないし、満員で入れない時もある。ファンがサインをもらいに来ることもあるから、試合の邪魔になる可能性もある。 でも選手たちがお互いに支え合うのはいいことだと思うよ。コートに出ている時はそれが少しでも助けになる。人数は少ないけど、誰もいないより絶対にいい。僕は今日助けられたよ」 Q: 試合中に客席を見て、この人が見てたらいやだなと思う人はいますか? 「“ロンドンオリンピック”の1回戦でスタン・ワウリンカ(スイス)と試合した時、ロジャー・フェデラー(スイス)がワウリンカのボックスに座ってた。あれは変な感じだったな。普通、選手のボックスにはコーチや家族が座ってる。あの時はフェデラーがスイスのユニフォームを着てワウリンカのボックスに座ってたんだ。 彼は史上最高のテニス選手の一人だ。その彼がボックス席に座ってた。でも僕はその試合でいいプレーをしたから、フェデラーのせいで集中力がそがれたとか言えないけどね(マレーは金メダルを獲得)。見られたらいやな人なんていないけど、他の選手より存在感のある選手というのはいるんじゃないかな」 Q: 試合前に自分自身について疑問に思っていたこと、そして試合中に答えが出たことは何ですか? 「最大の疑問は体力だったと思う。試合前のインタビューで、第5セットまでいったらどう感じると思うか聞かれたんだ。本当のところ、わからなかった。そのことはあまり考えてなかったんだ。でもそれを聞かれて、そういえば長いこと5セットを戦ってないなあ、と思った。 だからそれが一番嬉しいことだよ、最後まで体力がもったからね。今日はあまり暑くはなかったけど、湿度が高かった。そして長い試合。でも体力的にはよく戦えた。多分それが試合前の最大の疑問点で、試合で得た最大の収穫だと思う、体力的に大丈夫だということが。プレーの面では、もっといいプレーをしなきゃいけない」 (テニスデイリー編集部) ※写真は「全米オープン」でのマレー (Photo by Al Bello/Getty Images)

(c)テニスデイリー

【関連記事】