Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

家飲み拡大で人気のビール系新ジャンル プライベートブランド6品を比較検証

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本食糧新聞

コロナ禍で外食店向け業務用ビール類の売れ行きが苦戦しているなか、「家飲み」の傾向が高くなり家庭内でのビール系新ジャンル(第3のビール=ビール・発泡酒を除くビールテイスト飲料)の消費量が増えている。100円前後で楽しめる気軽さだけでなく、「糖質オフ」、「糖質・プリン体ゼロ」など健康面を気づかった商品も増えるなど、選択肢の多さが人気を支えている。今回は、6社のプライベートブランドによるビール系新ジャンルを飲み比べ、人気の要因を考察する。

10月からの増税で真価が試される新ジャンル

アサヒビールやキリンビールなどのナショナルブランドだけでなく、コンビニエンスストアや大型スーパーによるプライベートブランドの新ジャンルの勢力の拡大が気になるところ。なかには大手ビールメーカーとのコラボ商品や、限定品も発売されているようだ。 一方で、10月1日から酒税法の改正で、新ジャンルは1リットルあたり28円の増税が決まっている。「安い」ことが売りだった新ジャンルの販売動向や価値訴求に変化も見られるようになるかもしれない。 今回は、6社のプライベートブランドによるビール系新ジャンルを飲み比べ、以下の評価項目で考察する。 <評価ポイント>・全体的な味わい(満足感)・ビールらしさ(コク、キレ、辛口感など)・缶デザイン(わかりやすさ、プライベートブランドであることの明記など)・価格(コスパ、アルコール度数やビール感といった価値も考慮)・購買意欲(リピーターがつきそうか)

セブン&アイ「ザ・ブリュー」 ビール好きには十分なビール感

厳選麦芽・100%天然水使用にこだわるセブン&アイグループの「ザ・ブリュー」。プライベートブランド商品でありながら、「サントリーとの共同開発」というのが購入者への安心感を与える。 キリッとしたブルーの中に、泡たっぷりのビールのデザインの通り、さわやかにそして華やかな味が口に広がる。ビールほどの麦芽感はなくとも、爽快な飲み口は喉を十分に刺激してくれる。バーベキューなどで焼いたばかりの熱々の肉に合いそうな、気持ちのよい飲み心地がある。軽く残る後味も悪くない。 税込みで125円であることと、十分なビール感を考慮すれば、「買い」のビール系新ジャンルと言える。「ザ・ブリュー 糖質70%オフ」も同じ列に陳列されているので、糖質やカロリーを抑えたい人はそちらが「買い」になる。 リキュール発泡性(1)。アルコール分5%。125円税込み。350ml缶。

【関連記事】