Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもの習慣が整う。100円グッズでつくるスケジュールボード

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

休校、テレワークとおうち時間が続き、日にち感覚が薄れてきたという人も多いのでは? 整理収納アドバイザーの藤原暁さんは、「子どもたちの生活の乱れが気になるとき、身支度や宿題の管理に有効なのがスケジュールボード。これをお子さんと手づくりしてみませんか?」と提案してくれました。 材料はすべて100円ショップでそろえられるのに、オリジナリティ満載。つくり方を教えてもらいました。 60平米6人家族の自粛生活。あってよかったもの、不要だったもの

子どもの自立を促すスケジュールボードを一緒に手づくり。材料はすべてダイソーで

スケジュールボードは、市販のモノもありますが、せっかくのお家時間、お子さんとDIYしてみませんか。100円ショップの商品だけでできる簡単なつくり方をご紹介します。 今回はすべてダイソーで購入しました。

・マグネットつきホワイトボード ホワイトボードの裏面にマグネットがついていて冷蔵庫や玄関ドアなどにくっつけることができます。200円商品ですが、ホワイトボードとマグネットの2アイテムを買うと思えば納得のお値段。スケジュールボードをマグネットではる必要のない場合は、普通のホワイトボードをご購入ください。

・ラインテープ ホワイトボード用のラインテープで、約2ミリ幅の黒いマスキングテープがロール状になっています。これを使うことで自由に、しかも簡単でキレイにレイアウトすることができます。マスキングテープ素材なので糊あとが残りにくく、間違えても簡単にはり直しができます。 もちろんイレーザーで消えないので、一度はってしまえばずっと使えます。

・マグネットシート白 ホワイトボードマーカーで書いて消せるマグネットシート。もちろん油性ペンでも書くことができ、好きな大きさにカットして使えるのも便利です。カットする場合は裏側に鉛筆で下書きしてから切るといいですよ。

・そのほかのデコレーションアイテム できたマーク用のマグネットやかわいいマスキングテープや好きなキャラクターのシールなど、お好みの素材でデコレーションすると愛着もわいて、より一層スケジュール管理が楽しくなりますよ。 ちなみに今回は、ダイソーのソフトクリップをリメイクしてオリジナルマグネットをつくりました(つくり方は後述します)。お子さまと一緒に選ぶのもいいですね。

【関連記事】