Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ「松坂世代」は特別なのか? 名球会入りゼロも、愛され続ける理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
REAL SPORTS

松坂世代――。実に94人ものプロ野球選手を輩出してきたこの世代は、甲子園、プロ野球の舞台でファンを熱狂させ、日本球界をけん引してきた。だが40歳となる今季、現役を続けているのは、わずかに5人だけ。うち、藤川球児(阪神)、渡辺直人(楽天)は、今季限りでユニフォームを脱ぐことが決まっている。 数多くの名選手を生み出しながら、意外にもこれまでに名球会入りした選手はゼロ。それでもファンにとって、松坂世代は“特別”な存在だ。なぜ松坂世代は、これほどまで愛され続けるのだろうか――? (文=花田雪)

1998年の高校野球で「無敗伝説」をつくった怪物・松坂大輔

「1983年1月生まれなので、松坂世代の2学年下ですね」 自身の年齢を聞かれた時、何度この言葉を使っただろう。 仕事でもプライベートでも、「野球好き」の人と年齢の話をする時、もっとも分かりやすい共通の時間軸が、「松坂世代」だ。 今年、藤川球児(阪神)と渡辺直人(楽天)の2人が今季限りでの現役引退を発表。その報道にもやはり「松坂世代」の文字が目立った。 1980年度生まれの彼らも今年で40歳。 当たり前の話だが、プロ野球でプレーを続ける選手は年々減っている。 2020年現在、NPBに選手として所属する「松坂世代」は藤川、渡辺と、張本人の松坂大輔(西武)、久保裕也(楽天)、和田毅(ソフトバンク)の5人だけ。2021年はこの人数が、多くても3人になることがすでに決まっている。 1998年、春夏の甲子園、国体を制覇し、「公式戦無敗」の伝説をつくった松坂大輔は、プロ入り後も1年目からいきなり最多勝を獲得するなど、伝説の続きを紡ぎ続けてきた。 その後も続々と同級生たちが頭角を現し、いつしか彼らを総称した「松坂世代」という言葉が生まれた。 彼らのプロでの活躍は、あらためて振り返る必要もないだろう。 ただ、プロ野球界には松坂世代以外にも、同世代に多くの一流選手を擁する「○○世代」は意外と多い。

【関連記事】