Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初公開シーン満載『キングスマン:ファースト・エージェント』最新予告、世界同時公開

配信

クランクイン!

 人気スパイアクション映画『キングスマン』シリーズの最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』より、初公開となるアクションシーン満載の最新予告編が全世界同時公開された。 【写真】「レイフ・ファインズ」フォトギャラリー  本作は、スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げてきた、『キングスマン』(2015)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018)に続くシリーズ第3作。表の顔は高貴なる英国紳士、裏の顔は世界最強のスパイ組織“キングスマン”の、歴史の裏に隠された秘密結社の誕生秘話が明かされる。  今回公開された最新予告編は、怪しい集団が暗い部屋に集まり、作戦を企てるシーンからスタート。彼らは「我が同志よ。この戦いは英雄の戦争ではない。世界大戦を起こすことが我らの繁栄となる。宴の始まりだ」と語ると、潜水艦から魚雷を放ち、いきなり船を爆破。彼らの暗躍により世界を巻き込む大戦の火蓋が落とされ、人類破滅へのタイムリミットが迫る。  そんな世界の危機を前に立ち上がったのは、英国貴族のオックスフォード(レイフ・ファインズ)と息子のコンラッド(ハリス・ディキンソン)。高級テーラー“キングスマン”で仕立てたスーツという戦闘服に身を包み、「我々は国家に属さないスパイ組織だ。気高くも冷酷に。紳士的で無慈悲だ」という言葉のもと、仲間たちと共に“闇の狂団”を倒し、戦争を止めようと試みる。そして、彼らの前に立ちはだかるのは、今なお歴史にその名を残す“不死身の怪僧”ラスプーチン(リス・エヴァンス)。  映像では、不気味な唸り声を発し奇怪な雰囲気を漂わせるラスプーチンと、英国紳士親子2人の激しいバトルが展開。さらに「マナーが紳士を作る」という、シリーズおなじみのセリフが飛び出す一幕も。“キングスマン”ならではの華麗なアクションが満載の、迫力ある予告編となっている。  本作の監督は、映画『キック・アス』(2010)など、そのド派手なアクションとスタイリッシュな演出で次々とヒット作を生み出し、『キングスマン』シリーズの全作を手がけてきたマシュー・ヴォーン。今回も杖に忍ばせた剣や剣に仕込まれた銃、パラシュートなどの魅力的なガジェットのほか、アップテンポな音楽と共に繰り広げられる、杖を武器にした華麗なバトルや剣を使った舞踏のような戦いなど、マシュー・ヴォーンならではのスタイリッシュなアクションは健在だ。  映画『キングスマン:ファースト・エージェント』は9月25日より全国公開。

【関連記事】