Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

和田彩花が水道橋博士&原カントくんと美術愛を語り尽くす! 「一番思い出深い本はマネの図録です!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

毎週金曜深夜2:30より、BS12 トゥエルビにて放送中の「BOOKSTAND.TV」。9月4日(金)深夜の放送では、和田彩花がゲストで登場する。 【写真を見る】和田彩花が水道橋博士の“Tシャツの謎”をついに解明!? 豊富な知識を持つ浅草キッド・水道橋博士と編集者の原カントくんが、毎回“旬な人”や“気になる人”を招き、好きな本などについてじっくりとトークしていく同番組。 アイドルグループ「アンジュルム」のリーダーとして長らく活躍し、2019年にハロプロを卒業した和田。現在はソロアーティストとして活動する傍ら、大学院で学んだ西洋美術に情熱を捧げている。 今回の放送では、和田が最も敬愛する画家であるエドゥアール・マネについてや熱く語る他、マネをはじめとする西洋美術の魅力を博士、原と共に探っていく。 そして、収録を終えた和田にインタビューを敢行。収録を振り返っての思いや、自身のお気に入りの本などについて語ってくれた。 ■ 和田彩花インタビュー ――まずは収録を終えての感想を教えてください。 和田彩花:水道橋博士は、以前他の番組でご一緒させていただいた時に映画『市民ケーン』のTシャツを着ていたことを強烈に覚えていたので、やっとお会い出来て『市民ケーン』の謎が解けたのが嬉しかったです! 私も好きな映画なので、あのTシャツはやはりそうだったのか、と。 ――水道橋博士、原カントくんとのトークはいかがでしたか? 和田:博士はなぜか、この1週間で私のデビューから今までや、山田さん(マネージャー)のことまで全部調べてくださっていてとってもうれしかったです。音楽活動の方まで目を向けてくれる人に初めて出会いました。なんか逆に緊張しましたね。 原さんは、ノリで「この絵どうですか?」って聞いちゃったんですけど感想を教えてくれてうれしかったです。自分の好きなものを初めて見た人はこう思うんだ、っていうのがわかるとうれしいです。 ――コロナ禍を経て、何か変化はありましたか? 和田:外に行けないことや美術館に行けないっていう寂しさもありますけど、移動や朝の準備がないのは過ごしやすいですね。 マネをもっと知りたくて春頃から語学勉強のためにフランスに行く予定があったんですけど、それがなくなったおかげでかえって表現活動の幅が広がったと思います。それは自分的にすごくよかったです。 ――これまでどんな本を読んできましたか? 和田:美術に興味を持った時には高校の先生から美術の新書をたくさんもらったり、大学の先生にもらった詩集とか花の辞典も大切にしています。 美術の本ばっかり読んできたから小説でこれが好きっていうのは意外と無くて。夏目漱石の「こころ」とかも好きだけど、文学で「これだ!」っていうのはないですね。一番思い出深い本は、やっぱりマネの図録です。(ザテレビジョン)

【関連記事】