Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

4連休最終日、雨で屋内施設盛況 科学館、実験に歓声 映画館、満席の回も 鹿児島県内

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南日本新聞

 新型コロナウイルス下の4連休最終日の26日、鹿児島県内は雨に見舞われ、マスク姿の親子連れらで屋内施設がにぎわった。鹿児島空港(霧島市)では観光支援事業「Go To トラベル」による旅行者らが大きな荷物を手に帰途に就いた。  鹿児島市立の各施設はマスク着用や手指消毒の呼び掛け、検温と感染防止策を取った。科学館では空気砲の実演などで大きな歓声が響いた。家族らと訪れた同市荒田小学校1年の牧野遥登(はると)君は「アルコールで発射するロケットの実験ショーや工作が面白かった」と喜んだ。  同市の映画館「鹿児島ミッテ10」では、座席数制限ながら満席となる回も。若者を中心に客足が回復しつつあり、安田豊支配人(56)は「新作の公開も始まり、『久しぶりに楽しんだ』との声も届きほっとした。今後も安心して来てもらえるよう対策を徹底したい」と話した。リナシアター(鹿屋市)も連休中の観客が増えたという。  鹿児島空港では終日、観光客らの姿が目立った。奄美大島でゴルフを楽しんだ神戸市の会社員土田芳久さん(54)は「検温やマスク着用の呼び掛けなど鹿児島の方が対策を徹底している印象で、安心できた」。滋賀県東近江市に単身赴任中の会社員川添正勝さん(41)は姶良市の自宅で過ごした。「4カ月ぶりに家族とゆっくりできた」と笑顔だった。

【関連記事】