Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

VOGUEGIRLエディターがラブコール 夢の名作インテリア7

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

おうち時間を豊かにしてくれるインテリア。奮発してゲットするこれ!とエディターがラブコールを贈る、夢のウィッシュリストを公開。

夢のようなお昼寝タイムを。

今回のテーマである夢のインテリア計画。まず僕が欲しいものとして思い浮かんだのは、ドイツ人デザイナーのミース・ファン・デル・ローエが手掛けたバルセロナベッドです。 シンプルな中にも力強い品の良さがあって、このベッドがあると部屋に凛とした空気が漂いそう。何より「デイベッド」という響きから想像が広がる、優雅でリラックスした午後のひと時! 写真のブラウンも素敵ですが、実際に手に入れるなら、もう少しライトなベージュにしたいなと思います。 このデイベッドが欲しくなったきっかけは、VOGUE JAPAN 7月号。「心を満たす究極のアイテム」を取材する企画で、世界的な建築家である妹島和世さんがオフィスに置いているこのバルセロナベッドを紹介してくださいました。その素敵さに心奪われて、いつか自分も手に入れたいと思ったのでした。(VOGUE GIRL副編集長 荒井 現) ノル ショールーム 03-6447-5405

次世代へ継承される、心地よさ。「ピエール・ジャンヌレ」の椅子。

品があり、シンプルであたたかい。そんな理想の心地よさが詰まっているのが、建築家ピエール・ジャンヌレのイージーアームチェア「PH29」。モダニズム建築の巨匠コルビュジエの従兄弟で右腕でもあったジャンヌレが、1950年代にコルビュジエのインド・チャンディーガル都市計画のためにデザインした家具です。ラタンやチークなど現地の素材と手工芸の技術に、モダンな感覚が融合したインド・モダニズムの美しさは、今も魅力的。毎日ともに過ごす家具だからこそ、飽きさせない存在感が素敵だなと思います。こちらのリエディションは当時のオリジナルの図面にもとづき、古材を使いインド各地から集結した職人たちがすべて手作業で製作する、チャンディーガル家具の再生産プロジェクト。いつか、この椅子が生まれたチャンディーガル建築群を訪れて、その風土も感じてみたいです。(VOGUE GIRL エディター 蔵澄 千賀子) 五割一分 076-491-5151

【関連記事】