Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

党費4千円払う自民党員・党費集める地方市議からは落胆の声...自民党総裁選『党員・党友票』見送り決定で

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MBSニュース

ポスト安倍を選ぶ自民党総裁選挙。9月1日、その選出方法について、“党員・党友投票を実施しない形で行うこと”が決まりました。これについて一部の国会議員や地方組織からは異論の声が上がっています。

9月1日午後、相次いで自民党総裁選への出馬を表明した岸田文雄政調会長と石破茂元幹事長。一方、出馬が確実視されている菅義偉官房長官は9月2日午後5時に正式に出馬を表明するとみられています。

選出方法決定『党員・党友票』見送り

実質的に安倍総理の次の総理大臣を決めることになる「自民党総裁選挙」ですが、9月1日にその『選出方法』が決定しました。 自民党総裁選挙は、原則として国会議員票394票と、その数と同数の全国の党員・党友などの394票の、合わせて788票で投票が行われます。しかし、“特に緊急を要する時”は、党員・党友投票を省き、国会議員票394票と、各都道府県連に割り当てられた3票・合計141票の、合わせて535票で投票が行われます。 鈴木総務会長は「今回は安倍総理の突然の辞意表明で党員投票を実施するには総裁選の準備に2か月かかる」としています。

(鈴木俊一総務会長 9月1日) 「後継選出は特に緊急を要することから、党大会に代わる両院議員総会で、両院議員および都道府県連代表各3名において、新総裁を選出することといたしたい。これから準備に取り掛かりますと、約2か月かかるということでございました。次なる政権が2か月間決まらないというのは、必ずしも良いことではない。こういうような意見が出たところでございます。」

現在、多くの派閥は菅氏への支援を表明していますが、「党員・党友票」いわゆる『地方票』では石破氏が人気とされています。今回決まった選挙方法では地方票が反映されにくいため、菅氏は有利になるとみられています。しかし、この決定には党内から異論も… (小泉進次郎環境相 8月31日) 「だって空白生まれていないんだから。今、総理いますよ。辞意表明はしたけども、総理は総理の職務をこなしている。」

【関連記事】