Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「コロナ禍で災害に備えるには?」今、知っておくべきこと【#コロナとどう暮らす】

配信

BuzzFeed Japan

これからやってくる、大雨や台風の季節。そして、いつでも起きうる地震。自然災害は、新型コロナウイルスが流行していても、起きる可能性があります。 新型コロナウイルスを経験したことによって、災害への備えや避難生活は今後どのように変化するのでしょうか。 Yahoo!ニュースの記事に寄せられた「水害に見舞われる地域も出てくる。コロナ禍での避難所はどうなるのでしょう」などという声を参考に、BuzzFeed Japanは被災地支援や防災・減災啓発活動をするNPO法人「レスキューストックヤード」(愛知県名古屋市)の代表理事、栗田暢之さんに話を聞きました。【 BuzzFeed Japan / 冨田すみれ子】

コロナ禍での災害への「備え」どうすればいいですか?

コロナ対策も重要となっている今、災害に備える際は何に気をつける必要があるのでしょうか。 栗田さんは、非常用の備蓄品と持ち出し袋の中身、そして避難先について、考え直す必要があると指摘します。 飲料水や非常食を備蓄し、非常用持ち出し袋の準備をしておくことは、以前から呼びかけられてきました。 栗田さんはそこに、「マスク、消毒液、体温計」を加えるべきだと語ります。 マスクと消毒液は、コロナ禍でだれもが毎日使うようになりました。 しかし、非常時や避難先では、入手が難しくなるかもしれません。自治体も避難者の分をすぐ用意することができない可能性があります。 だから備蓄し、非常用持ち出し袋にも入れておく必要があります。

「自宅の対策強化」と「分散避難」

コロナの感染対策のもう一つの柱は、密閉・密集・密接の「3密」を避けることです。 しかし日本で災害時に設けられる避難所では、「密」を避けることが難しいのが現実です。 そこで栗田さんは、二つの対処法を挙げます。 「自宅の対策強化」と「分散避難」です。 「災害時、自宅が危険であれば避難しなければいけませんが、もし自宅が安全な状態であれば、(密を避けて)自宅にいる方が良いでしょう」 そのためには「耐震対策などを行い、自宅を災害に対応できるようにすることが大切」だと指摘します。 政府も、日頃から以下のような対策を呼びかけています。 ・建物を耐震補強すること ・家具やテレビ、冷蔵庫などの転倒を防ぐため器具で固定すること ・窓ガラスにフィルムを貼ったりして、ガラスの飛散を防ぐこと ・分電盤に感震ブレーカーを設置し、通電再開後に破損した電源部や倒れた電化製品などが原因で出火する「通電火災」を防ぐこと

【関連記事】