Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

J1の舞台でもピッチに立っているエース候補が期待に応えた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 J1の舞台でもピッチに立っているエース候補が期待に応えた。  7月15日、千葉市でU-19日本代表候補合宿が行われた。 【フォトギャラリー】U-19日本代表候補合宿 練習試合風景  新型コロナウイルスの影響で今合宿が今年初めての活動。10月に行われるU-19アジア選手権に向けて29名が参加し、4位以上に与えられる来年5月のU-20ワールドカップの出場権獲得を目指して、活動最終日の5日目は紅白戦で汗を流した。(開催国のインドネシアが4位以内入った場合は5位まで出場)。  紅白戦は30分×2本で実施。フィールドプレーヤーのメンバー構成は、オレンジのビブスを着用したチームが斉藤光毅(横浜FC)、大森真吾(順天堂大)、小田裕太郎(神戸)、鮎川峻(広島)、松岡大起(鳥栖)、武田英寿(浦和)、バングーナガンデ佳史扶(FC東京)、畑大雅(湘南)、西尾隆矢(C大阪)、鈴木海音(磐田U-18)、灰色のビブスを着用したチームは晴山岬(町田)、染野唯月(鹿島)、成岡輝瑠(清水ユース)、本田風智(鳥栖)、田中聡(湘南U-18)、柴田壮介(湘南)、加藤聖(長崎)、三原秀真(愛媛)、山崎大地(順天堂大)、佐古真礼(東京Vユース)となった。  前半は両チームともに立ち上がりから積極的に攻めるが、染野と本田のゴールで灰色チームが優勢に進める。  迎えた後半はメンバーを変更。オレンジが鈴木唯人(清水)、大森、鮎川、武田、松本凪生(C大阪)、田中、加藤、三原、半田陸(山形)、鈴木海、灰色は晴山、染野、小田、荒木遼太郎(鹿島)、成岡、柴田、畑、中野伸哉(鳥栖)、山崎、佐古となった。  迎えた後半も互いにアグレッシブに仕掛け、球際でも激しい攻防を繰り広げていく。15分には鈴木海に代わり、田平起也(C大阪)が出場。終盤には影山監督の要望で紅白戦を少し延長するほど白熱し、最終盤には晴山がPKを獲得して自ら決めた。試合はこのまま終了し、灰色チームが3-0で勝利を挙げた。

【関連記事】