Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

横断幕でマスク着用呼び掛け 宮古島の商店街

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
宮古毎日新聞

 宮古島での新型コロナウイルス感染症拡大を受け、島内の西里大通り商店街振興組合(富浜健和理事長)は同通りに「マスクの着用にご協力下さい」と書かれた横断幕を掲げて、観光客や地元の人たちに新型コロナウイルス感染予防を呼び掛けている。  同通りではマスクをしていない一部の観光客が見掛けられ、市民から不安の声が上がっていたことから、同組合は新型コロナウイルス感染防止対策として「何か役立てることはないか」と横断幕を設置した。  富浜理事長は「西里通りは地元の人や観光客も利用する居酒屋が多いので、コロナ感染防止の取り組みを強化し、意識付けをしていきたい」と話した。  同通りを含め、市内の土産品店などでは、市のイメージキャラクター「みーや」と「宮古島まもる君」のマスク着用を促すポスター、マスクをしたシーサーの置物で注意を喚起している。  宮古島では14日までに、累計37人の感染が確認されている。