Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

eBayグループのECモール「Qoo10」の会員数が1600万人突破など最新情報まとめ【2020年7月時点】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ネットショップ担当者フォーラム

ECモール「Qoo10(キューテン)」を運営するeBay Japanは8月28日、2020年1-7月の会員動向やトピックを公開した。 会員数は2020年7月に1600万人を突破。2010年のサイトオープン以降、順調に会員数を伸ばし、女性が75%、20~40代が7割以上という構成比に。デバイス比率ではモバイルが全体の92%を占めた。 今期は新型コロナの感染拡大で外出を控える消費者が増えたため、国内のEC需要が高まり、「Qoo10」会員数は7月時点ですでに前年実績を11%以上上回っているという。出店数も増加し、前年実績を20%以上上回り、1万2600店ものショップが販売している。 1-7月の出品数は、「レディースファッション」が1位で44%のシェアを占めた。2位は「ホーム・生活」、3位は「デジタル・家電」だった。取引件数では、「ビューティコスメ」が43%でトップ、2位が「レディースファッション」、3位は「食品・ベビー」。 1-7月のトピックスとしては、「20%メガ割セール」を2020年3月と6月に実施。流通額の記録を更新し、6月のメガ割では前回3月に記録した過去最高額をさらに36%上回る結果となった。 商品購入時に利用できる決済サービスとして「LINE Pay」を2020年6月に追加。同決済サービスは、男女を問わず幅広い層に利用されており、利用金額などに応じたポイントサービスなどを提供している。 「eBay Direct Shop」を2020年4月にオープン。商品数は12億品以上で、世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス米国「eBay(イーベイ)」に出品されている固定価格商品を、「Qoo10」内で購入できるようにした。 「頑張れニッポン!キャンペーン」を開始し、ECを活用した新たな販路確保の応援を始めた。「Qoo10」の新規出店者を対象にした「販売手数料0%キャンペーン」を2020年5月から開始。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、厳しい経営環境に置かれている中小企業・個人事業者の、ECを活用した新しい販路確保を積極的に行っている。