Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【峰宗太郎医師が解説】なぜ再感染?知っておくべきコロナの免疫と治療法 #コロナとどう暮らす

配信

webマガジン mi-mollet

新型コロナウイルスの流行が徐々に落ち着きを見せるなかで世間の関心は「第二波到来の可能性」へと移りつつありますが、問題はそれだけではありません。ウイルスに感染し入院、その後退院していた人が、再び陽性と診断されるケースが各地で報告されているのです。アメリカの国立研究機関博士研究員でウイルス学や免疫学が専門の峰宗太郎先生に、集団免疫獲得の難しさと合わせて解説していただきました。

「再感染」より「ぶり返し」の可能性が

新型コロナウイルスSARS-CoV-2による感染症COVID-19 において、感染すると身体の中に「抗体」という、ウイルスと戦う物質ができることがわかりつつあります。一般的な感染症において、抗体ができるということはほぼ免疫ができるということと同じ意味なのですが、しかし新型コロナウイルスSARS-CoV-2感染症COVID-19では、実際にすべての患者さんに免疫ができているかどうかはまだわからないところがあります。つまり、一部の人は免疫ができていない可能性も考えられているのです。そうすると、一度感染した人がまた感染する可能性ももちろんあるということになります。  しかし、一度退院した人がまた陽性になったケースについては、再感染とはちょっと違うのではないかなと考えています。もし2度感染したとするならば、退院後にもう一度、他の感染者との接触をしていることになりますが、当時それほどの流行が日本で起こっていたとは考えにくい。よってその可能性はまず低いのではないかということです。 では、どういったことが考えられるのか。 退院時の検査を行ったときには、身体の中のウイルスの量が非常に少ない状態になっていて、検査では陰性と判定されたが(つまり検査結果が偽陰性ということです)、その後にウイルスがまた増えるような状況となって、病状が悪化し「再燃」したというものです。 これは風邪の「ぶり返し」に近いもので、感染が継続していた状況であり、症状が再び悪化するという現象ですね。この可能性が高いと考えています。 また、別の可能性としては、再感染が疑われた時に行われた検査が「偽陽性」であったということが考えられます。実際にはウイルスはもういないのに、検査では陽性となってしまった。これについてはそれほど多く起こることではありませんが、そういったこともあると知っておく必要はあると思います。 さて、はじめに述べたように、新型コロナウイルス感染症において免疫ができるであろうということはなんとなくわかってきているのですが、まだわからないこともあります。その一つは、免疫ができたとして、どのぐらいの期間その免疫が継続するかということです。一度罹れば一生罹ることがない「終生免疫」ができるのか、またインフルエンザのように1年以内に免疫が失われるようなものなのか、そこもよくわかりません。新型コロナウイルスではない、風邪を起こす旧来型のコロナウイルスの研究では、免疫は長くても1年以内程度しか続かないこともわかっています。新型コロナウイルスについては感染した人を今後定期的に検査していくことで検討するしかないでしょう。

【関連記事】