Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ドラフト回顧・1972年】ヤクルトが山口高志を強行指名、太平洋の真弓明信3位指名は見事

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

今年もまた、ドラフト会議が近付いてきた。1965年秋からスタートし、今年で56回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2019年のドラフト会議まで、1年ごとに振り返っていく。 【連続写真】山口高志 史上最速のストレートを投げた男/レジェンド剛腕のピッチングフォーム

地味ながら好選手多し

 1972年のドラフトの目玉は関大の“剛球右腕”山口高志だが、あっさりと松下電器入社を決め、プロ拒否。ほとんどの球団は「決意は固い」とあきらめたが、「もしかしたら」で4位指名したヤクルトは相手にもされなかった。  1位では、のち首位打者になった大洋の長崎慶一(法大)、中日の剛腕・鈴木孝政(成東高)、広島の池谷公二郎(日本楽器)らの名前があるが、もっとも話題になったのは、日大桜丘高の仲根正広だった。193センチの長身でジャンボと言われ、センバツで優勝を飾った右腕。9年目、打者転向に転向してから結果を出した。近鉄はほかにも2位で有田修三(新日鉄八幡)、3位で井本隆(鐘淵化学)といいドラフトだった。 【1972年ドラフト12球団1位】 大洋 長崎慶一(法大/外野手) 中日 鈴木孝政(成東高/投手) 東映 新美敏(日本楽器/投手) 近鉄 中根正広(日大桜丘高/投手) 阪神 五月女豊(日本石油/投手) 太平洋 中島弘美(八代第一高/投手) 阪急 石田真(足利工高/投手) 広島 池谷公二郎(日本楽器/投手) ヤクルト 永尾泰憲(いすゞ自動車/内野手) 南海 ×石川勝正(東洋紡岩国/投手) 巨人 中井康之(西京商高/投手) ロッテ 伊達泰司(新日鉄広畑/内野手) ※×は入団拒否し、その後もプロ入りせず  西鉄が太平洋クラブになった年でもある。球団財政が苦しい西鉄-太平洋のような球団にとっては、ドラフト制の利点を生かしていく以外にない。ほかの球団は見向きもしなかった電電九州の真弓明信を3位でがっちり確保した。前年4位で獲得した“大型捕手”若菜嘉晴の柳川商高時代の同期の友人。果たして2人は後年、そろって球宴に選ばれるほどの活躍。のちに一緒に阪神に移籍した。  また、同じく経営難の東映も、翌年のキャンプ中に球団譲渡が成立して日拓ホームに。東映最後のドラフト1位だった新美敏は73年、日拓のユニフォームで大活躍して新人王に輝くがそのオフ、契約更改を終えるころ、球団名はまたまた日本ハムに変わっていたという目まぐるしさだった。  ドラフト制施行以来、初めて12球団の指名選手総数が100人を割り、86人にとどまる。プロ野球、そしてドラフト制は静かに曲がり角を迎えていた。 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】