Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JFEエンジ、スタートアップ企業3社に投資。ICT活用し新規事業創出へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
鉄鋼新聞

 JFEエンジニアリング(社長・大下元氏)は29日、東京センチュリーと昨年設立した共同投資ビークル「J&TCフロンティア」がスタートアップ企業3社への出資を決定したと発表した。ICT(情報通信技術)を活用した新規事業の創出を狙う。併せて、ベンチャーキャピタルファンド2件への初出資も決定しており、新規事業の探索を加速させる。  出資するのはA・L・I・テクノロジーズ、Arent、ディープインサイトの3社。いずれもICTを活用した革新的な技術による新しいビジネスモデルの構築に取り組んでいる。対象ファンドのPKSHA SPARXアルゴリズム1号ファンドは日本およびアジアのAI技術やその周辺技術となるソフトウェア・ハードウェア関連開発のスタートアップ企業が出資対象。また、ジャフコSV6ファンドは革新的なテクノロジーやサービス、新しいビジネスモデルを創出するスタートアップ企業を中心に国内外で投資を実行。運営を担うジャフコの運用ファンド累計額は1兆円を超え、国内最大の独立系ベンチャーキャピタル。