Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「啄木鳥探偵處」人形による猟奇殺人事件が発生!吉井は啄木と捜査をすることに…第6話先行カット

配信

アニメ!アニメ!

TVアニメ『啄木鳥探偵處』より5月18日(月)放送の第6話(第六首)「忍冬(すいかずら)」のあらすじ、先行カットが到着した。 【フォトギャラリー】『啄木鳥探偵處』第6話先行カット TVアニメ『啄木鳥探偵處』は、第3回創元推理短編賞を受賞した伊井圭の本格ミステリ小説が原作。 明治42年、金欠に苦しむ天才歌人・石川啄木は、とある殺人事件をきっかけに下宿で探偵業「啄木鳥探偵處」を始めることに。奇怪な事件に次々と首を突っこむ啄木の助手を務めるのは、言語学者の金田一京助。 文士仲間を巻き込み、人たらしの天才歌人・石川啄木が文明開化の東京を駆け抜ける! 第6話では、人気役者の橘乙次郎が活人形「金銀花」にかみ殺されるという猟奇事件が話題となる。ほどなくして乙次郎の後輩である泉若が自首したことで落着を見ていたが、泉若はミルクホールで働く季久と恋人同士だった。 吉井は、片思い中の季久から泉若の無実の証明を頼まれる。そこに、京助と絶交中で金欠の啄木が割込み、吉井と2人で事件を調べることに……。 なお、この第6話にはゲストキャラクター・傀儡館(くぐつかん)の館主役として、文豪・萩原朔太郎の実孫、萩原朔美さんが声優に初挑戦している。 萩原さんは今回の出演に関して、「なんと、50年前に寺山修司作『毛皮のマリー』で美輪明宏さんの息子役をやった私がアニメの声優をやるとは、人生面白い。(中略)『毛皮のマリー』は大ヒットして話題になったが、この『啄木鳥探偵處』も同じ雰囲気を感じる!」とコメントを寄せている。 TVアニメ『啄木鳥探偵處』第6話(第六首)「忍冬(すいかずら)」は2020年5月18日(月)23時からTOKYO MXほかにて放送開始。 【放送情報】 TOKYO MX:4月13日より毎週月曜23:00から BSフジ:4月13日より毎週月曜24:00から CSファミリー劇場:4月13日より毎週月曜24:00から 岩手めんこいテレビ:4月18日より毎週土曜17:00から 長崎文化放送:5月4日より毎週月曜25:54から ほか各所配信サイトにて配信開始 ※放送日時は予告なく変更になる場合がございます。 【STAFF】 原作:伊井 圭(創元推理文庫刊) 総監督:江崎慎平 監督:牧野友映 シリーズ構成:岸本 卓 キャラクター原案:佐木 郁 キャラクターデザイン:原 修一 音楽:高田龍一・高橋邦幸(MONACA) 音響監督:清水洋史 アニメーション制作:ライデンフィルム 制作:東北新社/ライデンフィルム 企画:キミコエ・プロジェクト 製作:「啄木鳥探偵處」製作委員会 【CAST】 石川啄木:浅沼晋太郎 金田一京助:櫻井孝宏 野村胡堂:津田健次郎 平井太郎:小野賢章 吉井勇:斉藤壮馬 萩原朔太郎:梅原裕一郎 若山牧水:古川慎 芥川龍之介:林幸矢 (C)2020伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員

アニメ!アニメ! 曙ミネ

【関連記事】