Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

交際の継続拒否され…自宅に押し掛け女性殺害 男に懲役17年 抵抗できない女性10回以上刺す/地裁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 埼玉県東松山市で昨年6月に介護士の女性を殺害したとして、殺人の罪に問われた、住所不定、無職佐々木靖幸被告(42)の裁判員裁判の判決公判が5日、さいたま地裁で開かれ、河村俊哉裁判長は懲役17年(求刑懲役18年)を言い渡した。 深夜2時半…コンビニの女性客を抱きかかえた美容師、車に乗せて強制性交 容疑で逮捕 女性が通報/県警

 判決理由で河村裁判長は、佐々木被告が女性の首を手や充電ケーブルで絞めた上、さらに抵抗できない女性の胸をナイフで10回以上突き刺しており、「確実に殺害しようという強い意思に基づく悪質なもの。衝動的な犯行とは言えない」と指摘。女性から交際の継続を拒否されたのに自宅に押し掛け、「一方的に怒って殺害した。あまりに身勝手で、被害者に落ち度は全くない」とした。  判決によると、佐々木被告は昨年6月11日午後8時25分ごろ、東松山市材木町のマンション一室で、この部屋に住む元交際相手の介護士渡辺真澄さん=当時(38)=の首を絞め、ナイフで胸を多数回突き刺すなどして殺害した。

【関連記事】