Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人気ECサイト「ファーフェッチ」、環境に配慮した“計算ツール”でサステナビリティへの貢献を可視化

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

老舗ブランドから新進気鋭のデザイナーズブランドまで、豊富なラインアップで知られているECサイトのファーフェッチ。国内では手に入りづらいブランドや、国内に買い付けのないアイテムが揃うのも魅力の1つとして、おしゃれ賢者たちから愛用されている。 【写真】サステナブルな取り組みを行うラグジュアリーブランド10選 そんな絶大な人気を誇るファーフェッチが、購入した衣料品が地球にどれだけの影響を及ぼすかを示す「サステナビリティ・カリキュレーター(計算機)」の提供を開始した。 ユーザーは、購入する服を選ぶ時にそのページを見ることで、「どの素材を選べば環境への影響を減らすことができるのか」といったデータを確認することが可能に。また、古着(プレオウンド)を買うことのメリットについても知ることができる。 ファーフェッチはそのほか、環境に対するファッションの影響についての調査結果も公表。これは、さまざまなアイテムが二酸化炭素(CO2)の排出量や水の使用量、廃棄量にどの程度の影響を及ぼしているか、古着を選ぶことがどの程度の効果をもたらすのか、といったことを説明するもの。 たとえば、古着を1着購入すると、廃棄物を平均1kg、使用する水の量を3040リットル、CO2排出量を22kg減らせるという。

ファーフェッチの最高商務&サステナビリティ責任者のジョルジョ・ベローリはこの調査について、「私たちのパートナー、さらには高級品業界による前向きな変化を、後押しすることができればと考えています」とコメント。 同サイトは2010年から古着やヴィンテージも取り扱っており、昨年からはユーザーからの買い取りや、寄付の受け付けも実施中。 高級ブランドもサステナビリティを重視しているが、それらの製品をオンラインで販売するキュレーション・ショッピング各社もまた、同様にこの問題への取り組みを進めているところ。ネッタポルテ(Net-a-Porter)やマッチズファッション(Matches Fashion)、ブラウンズ(Browns)などは、いずれもサイト上にサステナビリティのセクションを設けている。 そのほかイギリスのリバティ(Liberty)やセルフリッジズ(Selfridges)などの百貨店は、衣料品レンタル会社と提携。消費者に対し、購入だけでなくレンタルも検討することを勧めてもいる。 個人レベルでも積極的に地球環境やサステナビリティのための取り組みについて考え、できることを実行していきたい。

From Harper’s BAZAAR.com

【関連記事】