Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

収入減に備えて知っておきたい、家計管理のコツとは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

コロナショックの影響を受けた業種は、観光業、航空業、飲食業などたくさんありますが、あなたはどの業種で働いていますか? 公務員など収入が安定している方以外は、所得が減ったという方もたくさんいらっしゃると思います。 今回は、この機会に、家計を見直そうという方のためのアドバイスをしてみたいと思います。

資産の棚卸をしてみよう

最初に、あなたの家庭の資産の棚卸をしてみてください。 そこで、「バランスシート」というものを作成していきます。左側の欄に資産を、右側の欄に負債と純資産の表を作成し、科目と金額を記入したものです。 具体的には、資産の欄には、保有している現金・預金・住宅・保険・株式などを、負債の欄には住宅ローン・自動車ローン・カードローン・奨学金などの課目と金額を記入し、資産と負債の差額を出します。その差額が純資産となります。 そしてこの純資産が、プラスになっているのか、マイナスなのかを確認してみましょう。

収入をチェックしよう

あなたの収入は、安定的ですか、それとも不安定なほうですか? 次は収入をチェックしていきましょう。 収入は、手取りを可処分所得で比較します。 可処分所得とは、給与の額面から税金・社会保険料を引いたものです。この金額があなた自身で自由に使えるお金です。 今回は、コロナショック以前と後の可処分所得を比較してみるとよいでしょう。

支出をチェックしよう

続いて、支出をチェックしていきましょう。 あなたの家計のとって無駄な出費はありませんか? 支出を大きく、基本生活費・住居関連費・車両費・教育費・保険料・その他といったように分類し、その支出が毎月定期的なのか・年に数回なのかを記入し、年間の金額を記入します。 それから、内容を固定費(住居費など)と変動費(食費など)に分けてチェックしていきます。 こちらも、コロナショック以前と後の金額を、比較のために出しておきましょう。

現状分析をしてみる

数字が出そろったら、それらを確認し、現状分析をしてみます。 コロナショックの前と後の金額を比較することで、家計にどれぐらいの影響があったのか分かりやすくなったかと思います。 収入はコロナショック以前と後で変化がありましたか。 家計の支出でコロナショック以前と後で変化がありましたか。 ここで一番大きな問題となるのは、収入が減り、純資産がマイナスとなっている方です。場合によっては、早急に対応しないと破産してしまいます。

【関連記事】