Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カミュ『ペスト』だけじゃない 要再注目!いま自宅で読みたい本はコレだ 【対談:岡崎武志氏×永江朗氏】

配信

中央公論

危機にこそ先人に学ぶ

岡崎》新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、カミュ『ペスト』(宮崎嶺雄訳、新潮文庫)が売れているそうですね。 永江》先日チェックしたらAmazonでは品切れ、私が見た限り、街の本屋のどこにも在庫がありませんでした。 岡崎》久しぶりやなあ、本屋から消えるほど売れる本の話を聞くのは。 永江》大きな社会的事件や事故がきっかけで特定の本が売れるというケースは、わりとあるんですよ。東日本大震災の後には吉村昭『三陸海岸大津波』(文春文庫)が話題になり、鴨長明『方丈記』が災害記録文学として注目されました。ただ『ペスト』は、虚構なんですよね。石弘之『感染症の世界史』(角川ソフィア文庫)が売れるのはわかりますが、『ペスト』は一九四七年に出版されたフィクションであって、もともとは全体主義やファシズム、共産主義などのメタファーとして読まれていたわけでしょう。 岡崎》確かに、小松左京『復活の日』(角川文庫)なんかのほうが、時代的にはリアルな気がする。 永江》でも、実際に感染症が流行ってみると、あまりにも似た状況が起きている。流行初期には医師会のボスが「ペスト」と言わないようにしようとするとか、行政の初動が遅れるとか、街を封鎖したら人々のフラストレーションが極限まで溜まっていくとか。半世紀以上前の小説ですが、今の私たちにリアリティをもって迫るものがある。 岡崎》現実的な危機や恐怖は、読書の入り口としては間違っていない気がするね。 永江》先人に学ぶ、ということですよね。震災後の原発事故では東京電力側が「想定外だった」と連呼しましたが、明治、昭和の大津波の状況や人々の行動を記録した『三陸海岸大津波』を読むと、決して「想定外」ではなかったとわかる。みんなが忘れてしまったような過去の事実をきちんと伝えてくれるのは、書物のすごさだと思います。

一発屋と定番作家

岡崎》二〇〇八年頃「年越し派遣村」に関連して、小林多喜二『蟹工船』が注目されたこともありましたね。新潮文庫版が一年で五〇万部売れたとか。文庫と漫画の総計が八〇万部! Tシャツや「蟹工船弁当」まで出た(笑)。〇八年一月、高橋源一郎と雨宮処凛が行った『毎日新聞』での対談で雨宮さんが「『蟹工船』は今のフリーターの置かれている状況と似ている」と発言したのがきっかけだったそうですが。 永江》バブル崩壊直後にはフリーター=気楽でいいよね、というイメージだったのが、景気の悪化に伴ってワーキングプアや貧困が深刻化し、全然気楽じゃない、ひどいぞ、と。その流れでプロレタリア文学への注目が高まり、「蟹工船」ブームにつながったのでしょう。 岡崎》しかし他のプロレタリア文学、例えば小林多喜二を描いた戯曲、井上ひさし『組曲虐殺』(集英社)にまで手が届いたとか、中野重治を読み直す人が増えているという話は聞かないから、どこか一発屋っぽい。もちろん、普段読まない人が読んでみようかなと思い、読んだら意外と迫力があって面白いとなれば、それでいいんだけど。継続した読者にはならないという意味では、タピオカのブームと同じちゃうかな。(笑) 永江》今回『ペスト』を手にとった人には、篠田節子『夏の災厄』(文春文庫)も読んでもらいたいな。これは篠田さんが八王子市役所勤務時代の経験から書いた小説で、日本脳炎に似た伝染病に突如襲われた郊外の街が、行政の後手後手の対応のせいでパニックになるという話です。 岡崎》カミュといえばサルトル、サルトルといえばボーヴォワール、みたいな方向性もありますよ。カミュをきっかけに同じ実存主義文学の作家を芋づる式に知ってもらえると、僕らとしては非常にうれしい。 永江》継続的な人気ということで言うと、太宰治ブーム。あれは定期的に来るよね。 岡崎》ああ、ありますね。 永江》しかも不思議なのは、ほぼ全作品が「青空文庫」(著作権の消滅した作品、または著作権者が許可した作品をインターネット上で無料公開したサイト)でタダで読めるのに、本が売れているということ。これはまだ青空文庫に収録されていないけれど、夏の文庫フェアでは『人間失格』は集英社、新潮、角川に入っている。 岡崎》やっぱり紙の本を手元に置いておきたいんだ、というのは救いですね。 永江》二〇〇七年夏、集英社文庫が『人間失格』に『DEATH NOTE』で人気の漫画家・小畑健によるイラストのカバーをつけたら一ヵ月半で七万五〇〇〇部売れたとか、芥川賞を受賞した、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が心酔しているというので話題になったり。そもそも太宰人気の基礎はずっとあるんですよね。遺体が発見された日を「桜桃忌」として今でも墓参が絶えないのは、その証です。だからこそ何かきっかけがあると、大きなリバイバルにつながる。