Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今度会えるのは、6800年後…ネオワイズ彗星を宇宙から撮影した4K動画

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

国際宇宙ステーションに搭乗しているNASAの宇宙飛行士が、ネオワイズ彗星が地平線から昇ってくるのを見つけた。 【全画像をみる】今度会えるのは、6800年後…ネオワイズ彗星を宇宙から撮影した4K動画 宇宙飛行士は7月5日に、その様子を連続写真で撮影した。 その後、イギリスのグラフィックアーティストがすべての画像を4K映像に編集し、7分間のビデオとしてYouTubeに公開した。 ネオワイズ彗星は、まもなく太陽系の外に出て、約6800年の間、戻ってこない。 2020年7月5日、夜の暗闇の中、NASAの宇宙飛行士は国際宇宙ステーション(ISS)の窓から地平線を見つめ、その「宇宙のスペクタクル」を辛抱強く待っていた。 ISSが中東上空を通過する頃、ネオワイズ彗星が夜明け前の地平線の上に浮かび上がってきた。そして、塵とガスを放出するその天体が現れたのとほぼ同時に太陽が昇り、そのまばゆい光の中に彗星は消えていった。 「彗星は、太陽に近い場所にあったが、太陽が地球に隠れていたほんの短い時間だけ、見ることができた」と、先日スペースXのクルー・ドラゴンで国際宇宙ステーションに赴任したNASAの宇宙飛行士、ボブ・ベーンケン(Bob Behnken)は、7月7日にニューヨーク・タイムズの「ザ・デイリー」ポッドキャストで、軌道上からインタビューに答えた。 幸運なことに、このような光景を見るために命がけで宇宙に飛び出す必要もないし、想像だけで満足する必要もない。ベーンケンとその同僚は、その様子を数百枚の写真に撮影した。それをイギリスのグラフィック・アーティストのショーン・ドーラン(Seán Doran)(彼はNASAの画像の処理を請け負っている)がNASAのアーカイブからダウンロードし、息をのむようなタイムラプス動画に編集した。 「冷たい飲み物を持ってきて、電気を消して、服を脱いで、くつろいでから、大きなテレビで再生して」とドーランはツイートし、「飲み物を飲みながら楽しんで」と付け加えた。 ドーランは当初、4倍速の動画をシェアしていたが、その後、等倍速の高解像度4K動画を自身のYouTubeチャンネルにアップロードした。 この動画は、7分間に渡って撮影された550枚の長時間露光写真で構成されているとドーランはメールでBusiness Insiderに伝えた。 そのままだと動画は18秒にしかならないが、彼は写真を補完してフレームを埋め、動きを滑らかにし、シームレスな体験を生む映像を作り出した。 その結果、動画の視聴者は、地球の上空400kmを時速2万8000kmで飛行する宇宙ステーションに乗り込み、彗星が昇ってくるのを見ているような感覚を味わうことができる。

【関連記事】