Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『シドニアの騎士』新作映画が制作中!『あいつむぐほし』2021年公開

配信

シネマトゥデイ

 漫画家・弐瓶勉原作の人気アニメーション「シドニアの騎士」の新作映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』が、2021年の公開を目指して制作中であることが発表され、新ビジュアルと特報PVが公開された。 『シドニアの騎士 あいつむぐほし』特報PV  「シドニアの騎士」は、異生物・奇居子(ガウナ)によって太陽系が滅亡してから1,000年後を舞台に、巨大宇宙船・播種船で繁殖と生産を維持しながら宇宙をさまよっていた人類が、再び現れた奇居子との戦いに臨むSF大作。2014年にポリゴン・ピクチュアズ制作でテレビアニメ化され、2シーズンにわたり放送。別カットなどを追加した『劇場版 シドニアの騎士』も公開された。新作『あいつむぐほし』では、主要スタッフが再結集し、原作者の弐瓶が総監修を担当。2021年の公開を目指して制作が進行している。

 原作とは異なる新たな内容も盛り込まれるといい、弐瓶は「原作のある映像化作品は原作の読者は当然、物語の結末を知っているわけで初見の人より純粋に作品を楽しめないのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。しかし! 『あいつむぐほし』では原作で明かされていないある事実が判明します!」と宣言。「連載当時僕はそれを読者の想像に任せたいと判断したため漫画では描きませんでした。というのは嘘で本当はただ描き忘れたのです! それ以外にも原作にはない要素がいくつも追加されています! 原作を読んだ人、必見ですよ! 読んでいない人は映画を観たあとに原作を読みたくなるでしょうね! 僕も早く観たいです!」と明かす。

 総監督を務めるのは、監督・副監督としてシリーズに携わってきた瀬下寛之。「シドニアは自分にとって特別な作品です。企画を提出した日も、弐瓶先生や静野監督と初めて会った日も、ありとあらゆる記憶が鮮明に残っています。あれからずっと自分自身も播種船に乗って旅をしているような気がします。そのシドニアがついに旅路を終えようとしています。この最後の瞬間を、シドニアを支えてくださった多くのファンの皆様と共有できたら幸せです」と思いを語っている。

【関連記事】