Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地方臨時交付金の増額、GoTo継続を 玉城知事が西村再生相へ要請

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
琉球新報

 沖縄県の玉城デニー知事は1日、政府の新型コロナウイルス感染症対策を担う西村康稔経済再生担当相と県庁で会談した。感染防止対策や疲弊する経済支援のため「地方創生臨時交付金」などの増額、社会生活の維持に不可欠な仕事に就く「エッセンシャルワーカー」への定期的な検査体制の構築、観光支援策「Go Toキャンペーン」の継続などを求めた。西村氏は「菅義偉総理からも感染防止策と経済の両立を図ってほしいと指示を受けている。みなさんの声も伺いながら対応したい。引き続き連携を取りながら対応したい」と述べた。  玉城知事は「西村大臣には、沖縄での調査を今後の感染拡大防止対策や経済対策に生かしてもらいたい。国難をみんなで乗り越えていくためにも、かじ取りをお願いしたい」と話した。  西村氏は7、8月の県内での感染拡大を抑えた県の対応について「ぜひこの間の分析をして、この冬にも備えないといけない。この間の知事のリーダーシップに敬意を表したい」と評価した。  西村氏は9月30日から来県し、那覇空港の検査体制や医療機関、国際通りなどを視察した。【琉球新報電子版】

琉球新報社

【関連記事】