Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DeNAが新しい形の野球体験イベント開催 ファーム屋内練習場で「大人の夜間練習」

配信

Full-Count

「女子野球選手向け野球教室」「野球未経験者向け打ち放題練習」なども実施

 チームが沖縄・宜野湾でキャンプに出掛けている2月、DeNAのファーム施設「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」で新しい形の野球体験イベントが4回にわたり、開催された。21日に行われた「大人の夜間練習」には応募総数174組の中から男性17人、女性10人の計27人が参加。球団OBにアドバイスを受けながらノック、マシン打撃などで大粒の汗を流し、笑顔を弾けさせた。 【画像】DeNAオースティンもメロメロ! 新助っ人“美人妻”の青空に映える肩だし「ゴージャス」白シャツ姿  1週間の仕事を終えた後、金曜日の夜7時半。昨夏に完成したばかりの「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」屋内練習場に、27人の大人が集まった。普段はDeNAの選手が練習で利用する屋内練習場が、一般に解放される稀なチャンス。球団OBの秦裕二氏(2002年入団)と赤堀大智氏(2013年入団)、そして30年以上にわたり球団でコンディショニングを担当してきた塚原賢治氏を講師に迎え、待ちに待った「夜間練習」がスタートした。  経験者もいれば初心者もいる中、まずは塚原氏によるウォーミングアップからスタート。続いて、元投手の秦氏が「右投げの人は相手に左肩をしっかり向けましょう」「ボールを持った手は耳の近くに置いて、体を回転させながら相手の取れるところを目掛けて投げましょう」と投げるコツを指導。また、元外野手の赤堀氏が「バッティングは準備が大事。まずトップを早く作ること。そして早めにタイミングをとることです」とデモンストレーションを披露すると、その大きな打球に歓声が上がった。  参加者は3組に分かれ、キャッチボール、ノックによる守備練習、マシン打撃の3か所を順番で周りながら体験。初心者はキャッチボールで相手が取れる範囲内に投げられるようになったり、ノックで少し球足の速い打球をキャッチできるようになったり、マシン打撃で打球が前に飛ぶようになったり、わずかな時間内でも大きな進歩が見られた。経験者や草野球を楽しむ“現役”は、スキルアップを目指してOB講師たちに貪欲に質問。気が付けば、予定の1時間はあっという間に終わっていた。

【関連記事】