Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ひかりは“少女のプロ”なんだからそのまんまでいい」石田ひかりを育てた大林宣彦監督の演技指導法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそりひそかに経営していたBAR『SPEAKEASY』。2020年の東京の街にも、そんなひそかなバーがありました。月曜から木曜の深夜1時にOPENする“ラジオのなかのBAR”『TOKYO SPEAKEASY』。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 7月21日(火)のお客様は、常盤貴子さんと石田ひかりさんです。今回が初対面となるお2人が、共通項でもある大林宣彦監督の話を中心に、お互いの“想い”を語り尽くします。

◆「あのピアニッシモはあり得ない!」(常盤)

常盤:映画「ふたり」の話を聞きたいんですけど、まずね“声”。 石田:声? 常盤:ひかりちゃんは、もともとすごい素敵な声だからだと思うんだけど、俳優的にはあり得ない声のボリューム(の小ささ)じゃないですか。あれは、やっぱり大林宣彦監督の演出? 石田:演出です。 常盤:そうよね。“あのピアニッシモはあり得ない!”と思って。 石田:うん。もっと言うと、ですね、ほぼオールアフレコなんですよ。でも監督の映画ってそうじゃない? 常盤:正直、新作(映画「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」)もオールアフレコでした。 石田:やっぱりそうなんだね。 常盤:新作に関しては、“オールアフレコ+隙間を見つけたら全部埋め尽くす”っていう。 石田:監督もその場その場で湧いてきちゃうもんね。 常盤:その作業はちょっとびっくりした。だから、普通はアフレコのブースに入るものを、編集をしている後ろに長椅子みたいなのがあって、そこに出演者の7、8人がずらっと座って、で、「はい、じゃあ次は貴子ちゃん、はい、次は〇〇ちゃん……」みたいな感じで、どんどん入れ代わり立ち代わりアフレコをしていくっていう初めての経験で面白かったけど……そっか、やっぱりあれは演出だったんだ。 石田:そう。もう本当に“ぼそぼそ”って言って。 常盤:それは、最初の段階で言われていたこと? 石田:そうだったと思う。 常盤:あれはびっくりした。

【関連記事】