Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

休園中の動物園で起きていたこと「キー」「チュビッ」マイペース貫くコモンリスザル 静かな出産シーズン

配信

withnews

いつもなら、生き物たちと触れあう子どもたちの賑やかな声が響く動物園。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、休園していた動物園は普段より静かでした。そんな園内で、生き物たちはどう過ごしていたのでしょうか。4月下旬、当時休園中だった東京都の江戸川区自然動物園で、せわしなく動き回る様子がかわいいコモンリスザルの様子を聞きました。(金澤ひかり) 【画像】休園中の動物園、バックヤードに控えるモルモット 休園中に生まれた赤ちゃんの姿も 【ニュースの現場を音で巡る企画です。今回は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休園中だった、4月の東京都・江戸川区自然動物園を訪ねました。 (※江戸川区自然動物園は5月26日、感染防止策をとりつつ約3カ月ぶりに再開しました)】

37匹の多彩な鳴き声

 園外からも展示場の中を見ることができるのが、37匹のコモンリスザルです。せわしなく動き回り、「キー」「チュビッ」「キキキ」と甲高い声で鳴きます。この鳴き声、よくよく聞くとかなり多彩です。 ちょっと低めに「アッ」と鳴いてみたり、「エッエッ」と鳴いてみたり。会話をしているようにも聞こえます。 コモンリスザルたちの気を引こうとカメラマンがおかしな動きをしても、一向に構う気配はなく、仲間同士で追いかけっこをしたり毛繕いをしたり、けんかをしたり…とにかくチョコチョコとよく動き回ります。 「ギャーギャーギャー」と大きな鳴き声が響くことも。何事かと思いますが、けんかでもしているのでしょうか。

俊敏な動きのお母さん、でも落ちない赤ちゃん

 コモンリスザルは木の実、虫などを食べますが、自然動物園では固形飼料やイナゴを与えています。  主な生息地は中南米で、寿命は10~15年です。人間のように、生まれたばかりの赤ちゃんのことをお母さんがおんぶして運ぶのですが、コモンリスザルの動きはとても細かく俊敏です。担当飼育員は「お母さんがどんなに走り回っても落ちない赤ちゃん、さすがです」と話します。  体長60センチ前後のコモンリスザルたちが動き回る様子を目で追うと、なんとなく動体視力も上がりそうな…。  実は、コモンリスザルの飼育スペースは、園の外からも見える場所にあります。飼育員の前田亮輔さんは、「休園中も外から見られているからかもしれませんが、この子たちはあまり変化はありません」。取材中も散歩などで近くを通りがかった人たちがリスザルを眺める様子が見られました。

【関連記事】