Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【水圧で外れたナンバープレート】トヨタ・ランドクルーザー(5) 長期テスト

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AUTOCAR JAPAN

積算2万8372km 毛が付きやすいベロア風シート

text:Matt Prior(マット・プライヤー) translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)   長期テストのトヨタ・ランドクルーザーのシートは、今どき珍しくベロア風。筆者好みだ。シートは快適で、ヒーターがなくても困らない。レザーと違い、クロスは適度に温度を保ってくれる。 【写真】ランドクルーザー・プラドとRAV4 (51枚) 洋服に付いたペットの抜け毛を、効果的に抜いてもくれる。もし季節の変わり目に猫を乗せたら、マジックテープのように毛がくっつきそうだ。

積算3万1180km 浅瀬の走行で落ちたナンバー

本気のオフローダーが、フロントのナンバープレートを高い位置へ移しているのを見たことはないだろうか。英国ではまれに、ルーフラックに付けているドライバーもいる。 わたしはその理由を、実際に確かめることができた。オフロードで。 先日、AUTOCAR英国編集部のビデオクルーを連れて、川の浅瀬でトヨタ・ランドクルーザー・プラドを走らせた。快諾してくれた、カメラマンのミッチ・マッケイブに感謝したい。 帰り道では、一緒に並走すればもっと写真映えすると考えたマッケイブ。彼のアイデアは正しかった。ドラマチックなカットが撮影できただけでなく、フロントのナンバープレートが取れていることにも、気づけたのだから。 トラブルの少ない長期テスト車にとって、良い話題だ。 川を走る時の水の力は、ナンバープレートを正しい位置に留めていられないほど強いとわかった。ナンバープレート・ホルダーが水圧でめくれ、バンパーのタッピングネジで止めていた部分がえぐれていた。

定期点検以外のメンテナンスはほぼなし

ナンバープレート・ホルダー自体は無傷。そこでプレートホルダーからネジを外し、バンパーの後ろへ大きなワッシャーを挟んで閉め直した。外から見れば、バンパーに空いた穴はわからない。 オフロード走行を楽しむ前に、ナンバープレートは外しておく方が良いようだ。余計な費用がかからず良かった。 正直にいうと、実は今までナンバープレートを拾うために、何度か凍った水や泥の中に手を突っ込んできた。教訓は、実行しなければ意味がないということだ。 それ以外、トヨタ・ランドクルーザー・プラドとの生活はストレス・フリー。走行距離は増えるが、つまらないトラブルは一切ない。 1つ添えるなら、エンジンを始動する際、クラッチペダルを床へ付くほど深く踏み込む必要がある。少しでも踏み込みが甘いと、プッシュボタン式のスタート・スイッチは反応してくれない。その程度だ。 この記事を書いている時点で3万2000kmを超え、本格的な点検を受ける時期になった。1万6000kmの時よりも多項目で、作業時間は2時間30分ほどだという。 前回の定期点検以来、洗車と掃除以外のメンテナンスはほとんどしていない。ここ1万6000kmの間に、1.0Lのエンジンオイルを補充しただけ。ちなみに粘度は、5W30。 そろそろアドブルー液もなくなる頃。警告灯がいつ光るか、少し気になっていた。過去の給油量や燃費を確認すると、そろそろ補充した方が良いはず。

【関連記事】