Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ? UQモバイルの3万件「信用ブラックリスト登録」事故、原因は「システム改修ミス」だった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

UQ mobileを展開するUQコミュニケーションズ(以下、UQ)は9月28日、信用情報を取り扱うCIC(シー・アイ・シー社)に対して、一部のユーザーの遅延(滞納)情報を誤って登録していたと発表した。 【全画像をみる】なぜ? UQモバイルの3万件「信用ブラックリスト登録」事故、原因は「システム改修ミス」だった 本来の「支払遅延」の定義よりも短い期間でも、CICに「滞納」として登録されてしまったため、誤登録されたユーザーは一時的にクレジットカードを作れなかったり、ローンが組めなかったりした可能性がある。 プレスリリースは17時にひっそりと配信されたが、キャッシュレス・クレジットカード社会において、この「誤情報で信用が傷ついた」こと、それが「長期間気づかれなかったこと」は見過ごせない重大な問題だ。なぜか?

「信用情報」が傷つくのがなぜ問題なのか

信用情報とは、クレジットやローンなどの「現金ではない取り引き」で収集されるさまざまな情報。クレジットカードやローン会社の貸し付けなどの際に参考にされる。 CICはクレジットカード業界を中心として作られた信用情報機関で、国内に3つある信用情報機関の1つ。3機関は延滞情報などを相互に共有するため、1つの機関に延滞が登録されると、ほかの信用情報機関を使った与信判断にも影響する。 信用情報機関:同機関には、消費者金融業界を中心とした日本信用情報機構(JICC)、銀行を中心とした全国銀行個人信用情報センター、そして、今回のクレジットカード業界を中心としたCICがある。そのうち、総理大臣の指定を受けているのはJICCとCICの2社。UQはCICに対して信用情報を提供していた。 UQは、2017年2月から端末の割賦販売を開始。その際にCICが活用されており、返済状況などの信用情報がCIC側に送られていた。 割賦の返済遅れに対しては、「うっかり入金忘れ」などもあって、本来は1回遅れただけで滞納とみなされるわけではない。UQの場合は、3カ月にわたって支払いが滞った人を遅延情報としてCICに送信していた。 今回、この滞納情報が誤っていた。実際は3カ月未満でも「3カ月遅れ」の遅延情報としてCICに送信されてしまっていたのだ。 こう聞くと、大したことがないように感じる人もいるかもしれないが、わかりやすくいえばこの状態、一般的に「ブラックリスト入り」と呼ばれるものの1つだ。「遅延」は信用上、問題になる。与信判断などではじかれてしまうかもしれないのだ。 補足しておくと、CIC自身は「ブラックリストはない」としており、支払い遅延などの人を特定のリストに入れる、という作業はしていないという。あくまで、個別の照会に対して、対象者の信用情報を回答しているだけだ。

【関連記事】