Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベネズエラ、野党が国会選不参加 南米、手続き不正を主張

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 【サンパウロ共同】南米ベネズエラからの報道によると、暫定大統領就任を宣言したグアイド国会議長の出身政党、大衆意志党(VP)など野党連合に属する27政党は2日、反米左翼マドゥロ政権寄りの全国選挙評議会が発表した12月6日予定の国会議員選に参加しないとする声明を発表した。選挙の手続きが不正で、参加しても政権を利するだけだとしている。  前回2015年末の選挙では野党連合が圧勝し、国会は実質的に政権が唯一掌握していない権力となってきた。グアイド氏は国会議長の立場で暫定大統領を名乗り、米国など約50カ国が承認している。

【関連記事】