Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

資金難の企業、今夏に危機の「第2波」が襲う公算大-ラザードCEO

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): リストラ関連のアドバイザリー業務などを行う米ラザードのケネス・ジェイコブス会長兼最高経営責任者(CEO)は、新型コロナウイルス感染拡大で停止していた経済活動の再開が始まる中で、さらなる困難が今後待ち受けているとの見通しを示した。

ジェイコブス氏は今週のインタビューで、「それを乗り切る十分な資金がない企業には、今夏のある時点で(危機の)第2波が始まる可能性が高い」と予想。また、4000万人の米国人が失業給付申請を行う状況に言及し、「それは経済の他の部分と回復能力に実際に影響し始める」と語った。

ブルームバーグの分析によれば、ホワイトカラーの職が次に影響を受けると予想される。

ジェイコブス氏の次席を務めるピーター・オルザグ氏も、米政府がより包括的な刺激策で介入を強化しなければ、連鎖的な経営破綻を招く恐れがあると警告していた。

原題:Lazard CEO Sees Second Wave of Crisis Led by Cash-Strapped Firms(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Sonali Basak

【関連記事】