Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブドウには脳機能低下の防止や集中力を高める効果がある【時間栄養学と旬の食材】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【時間栄養学と旬の食材】ブドウ  ブドウは世界一生産量が多い果物で、種類もなんと1万もあります。皮の色によって栄養価が若干異なるのですが、大きく分けて巨峰やピオーネなどの「紫」、デラウエアなどの「赤」、シャインマスカットなどの「緑」の3種類に分けられます。  ブドウの果実は初めすべて緑色で、熟していくうちに黒や赤の色素がつくられていきます。緑色のものは、色素がつくられないブドウです。  紫色で粒が大きいブドウの果肉に多く含まれているのは「ペンタペプチド」で、ワインから発見されました。物忘れなどの脳機能の低下を防止する役割があり、ピオーネ約4粒、巨峰約12粒で脳機能に効果的といわれる1日に0.2ミリグラムを摂取することができます。  また、「フランス人はチーズやバター、フォアグラなどの脂質をたくさん食べ、喫煙率も高いのに、動脈硬化、心臓病の患者や死亡率が低いのはワインを飲んでいるから」という「フレンチパラドックス」と呼ばれる考え方から、赤色ブドウの皮に含まれるポリフェノールのひとつである「レスベラトロール」が注目されています。  ハーバード大学の実験でも投与量が多いほど効果も高いということが判明しています。ただし、実験で使った量を摂取するのは至難の業。疫学的研究をしている先生方によると、グラス1杯のワインで十分な効果が得られると報告しています。品種にもよりますが、デラウエアであれば約1房弱になるでしょう。  動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用がある他、アレルギー予防、長寿遺伝子の活性化、時計遺伝子を動かす力があることがわかっています。  そしてすべてのブドウに含まれるのが、脳のエネルギー源のひとつとなるブドウ糖です。すぐにエネルギーになってくれるので、脳の働きを活発にし、集中力を高める効果があります。どの栄養素も朝シャキッとしたいときにとりたいもの。ぜひ朝食のデザートにいかがでしょうか。  ただし、レスベラトロールは皮に含まれているので苦手な方は冷凍したり、ジュースやレーズンでもOKです。 (古谷彰子/愛国学園短期大学非常勤講師)

【関連記事】