Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あすにかけ東日本で激しい雨、土砂災害の恐れも

配信

読売新聞オンライン

 低気圧や前線の影響により、2日昼前にかけて東日本では雷を伴った激しい雨が降ると予想されている。気象庁では低い土地の浸水や河川の増水に警戒を呼び掛けている。  同庁によると、降り始めからの降水量が、愛知県の東三河北部で300ミリ、静岡県の中部と西部の山地で600ミリを超えている所がある。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があり、少しの雨でも土砂災害が発生する恐れがある。  2日の午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海地方と伊豆諸島で150ミリ、関東地方で100ミリ、東北南部で50ミリの見込み。

【関連記事】