Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルールが不十分なのに「わからないの?」と呆れる日本人の誤解

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

雇用・運営コストを抑えつつ、人材不足を解消する選択肢「オフショア開発」。本記事では、オフショア開発の価値を最大限に引き出す運用を実現するためのポイントを解説します。※本連載は、株式会社アールテクノの代表取締役である吉山慎二氏の著書『ゼロからわかるオフショア開発入門』(幻冬舎MC)より一部を抜粋、編集したものです。

費用と時間を最大削減…「オフショア開発」の運用戦略

前回の記事 『エンジニアは「ベトナム人をベトナムで雇用」が最強戦略なワケ』 では、オフショア開発体制の導入に成功すれば、コストと残業時間の削減において相当劇的な効果が期待できることを述べました。 ただ注意していただきたいのは、オフショア開発ルームの設置はパソコンでメモリやグラフィックボードを増設するような話とは違うことです。 パソコンなら、新たにメモリを増設したり、より高いスペックのグラフィックボードに入れ替えれば、それだけで処理能力は大きく向上します。しかし、オフショア開発は本社にアタッチメントを装着する感覚で導入しても、まずうまくいかないでしょう。 人を増やしてチームを拡張するわけですから、そこには必ずマネジメントの意識が求められます。エンジニアを集めたり法的な手続きに関する処理は、すべてコンサルティング会社がお膳立てしてくれますから、恐らく導入を決めた経営者・部門長は多くの場合「あっけないほど簡単にスタートできた」という感想を抱くはずです。 しかし、その感覚のまま運用をしようとすれば、必ずといってよいほど壁にぶつかります。それは、運営する側がチームビルディングのプロセスを軽視しているからです。 日本とオフショア開発ルームとの関係はあくまで「人対人」。しかも異なる言語と文化を背負った者同士が一つのチームとして成果を挙げていこうとしているのです。「お金を払っているのだから、向こうが合わせろ」という尊大な意識では、絶対にうまくいきません。むしろ、いかにベトナムの若いエンジニアに「この会社の仕事は分かりやすい」「やりやすい」「学ぶことが多い」そして「楽しい」といった気持ちを抱いてもらえるかといった、謙虚な気持ちが大切だと思います。 そこで本記事では、オフショア開発の価値を最大限に引き出す運用を実現するために、ぜひ意識して欲しいポイントについてお話しします。

【関連記事】