Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久保ビジャレアル痛恨…左SBのモレノに続き、右SBのペーニャも離脱

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

ビジャレアルは17日、スペイン人DFルベン・ペーニャの負傷離脱を発表した。 クラブの発表によると、ペーニャはメディカルチェックを受診。左内転筋を断裂していると診断されたとのことだ。 【動画】久保建英がチームメイトの前で『ドラえもんのうた』を日本語で熱唱! ペーニャは、2019-20シーズンからビジャレアルでプレー。ラ・リーガで26試合に出場し2ゴール2アシストを記録。2020-21シーズンは開幕戦のウエスカ戦に先発出場。しかし、77分に負傷交代していた。 なお、回復までの期間はリハビリの経過を見て決定するとのことだ。 ビジャレアルは、プレシーズンマッチで左サイドバックのアルベルト・モレノが負傷。左ヒザ前十字じん帯断裂で手術を行い、最低でも全治6カ月と診断されていた。 16日には、ワトフォードのエクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャンを獲得していたが、再びサイドバックの選手が離脱となってしまった。

超WORLDサッカー!

【関連記事】