Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人々の共感を得られないと潰される時代。|起業家・斉藤徹ロングインタビュー(2)

配信

本がすき。

GAFAの覇権は、コロナ後も続くのでしょうか。日本IBMを退職して起業し、何度も倒産寸前まで追い込まれ、それを乗り越えてきた起業家の斉藤徹さんは5月19日発売の新刊『業界破壊企業』で、今、かつてのGAFAのように業界を破壊しているイノベーション企業をピックアップして解説しました。 本書を読めば、イノベーションはどうやって起こすのか、イノベーションを起こすのはどんな人なのか、ポストコロナの時代に生き延びるのはどんなイノベーション企業なのかがわかります。 それを知ると、イノベーションがぐんと身近になります。大規模な技術革新はムリでも仕事の現場で小さな革新を生むことは可能です。 コロナ後を見据え、自分にとってのイノベーションとは何かを、斉藤さんと一緒に考えてみませんか。

みんなを幸せにするハッピーイノベーションとは?

――前回は、コロナ下で大躍進した業界破壊企業についてお聞きしました。その一つがオンライン・フィットネスを提案するPelotonです。一方で苦戦を強いられている企業もあります。例えば旅行者に、宿として自分の家や部屋を提供する仕組みを作ったAirbnb。両者は、イノベーションの良否や起業家の資質ではなく、単にラッキーだったか、アンラッキーだったか。サイコロがどちらを向くかということだと。 斉藤 起業って、そういうことばかりです。だけど、無理して資金調達したりせず、自然と成長している企業は、こういうことがあってもリカバーしやすいんです。状況に応じて、縮小する方向に切り替えられますから。だけど外部から資金を調達するこれまでの起業スタイルでは、お金を返済しなくちゃいけなかったり、株主からのプレッシャーがあったりで、あっさり縮小というわけにはいかない。そこが苦しいところです。僕もドットコムバブル時代に約30億円を調達し、後々まで苦しめられました。 ――バブルがはじけたんですね。 斉藤 そう。だけど外部資金がゼロに近い状態で起業できるなら、起業は、それほど危険なことではありません。今はそれがどんどんできるようになっています。 ――ビジネスの準備にも仮想空間を利用すればいい。 斉藤 インターネットやソーシャルメディアを使えば、コストをかけずに人を集めることもサービスを作ることもできます。さらに、この本でも説明しているリーンスタートアップのように、無駄を省いて小さく、早く、安く失敗しながら成長していく。 ――大規模な資金調達をして万全の準備をしなくてもいいと。 斉藤 自然な成長でいい。別に世界を制覇しなくても、川崎市幸区だったら、川崎市幸区鹿島田の周りの人たちに幸せになってもらえばいい。そういう気持ちで取り組み、結果的に少しずつ広がっていくような考え方のことを、僕はハッピーイノベーションと言っています。そのような考え方で広げていけば、例え失敗してもそれほど大きな痛手は負いません。自然に広がったものは、自然に閉じていけばいいんですから。 ――確かに聞こえはいいのですが、ビジネスの手法に置き換えるとどうなりますか。 斉藤 ものすごくシンプルです。たとえば僕が関わっている「チームdot」という学生のチームは、株式会社して黒字化していますけれども、宣伝も営業もしていませんし、僕がやっている「ヒントゼミ」という私塾もソーシャルメディアでやっているだけで、宣伝は一切なし。でも自分たちがワクワクしながら、小さな経験から絶え間なく学び、周りの人たちを幸せにするようなソリューションを提供すると、口コミで仕事が広がっていくんです。 ――この本に出てくる「注文をまちがえる料理店」は、まさしくそういうモデルですね。ホールで働いている人たちは全て認知症で、注文をまちがえることもありますよ、と。 斉藤 これ、人に言わないでくれって言われても、言いたくなりますよね(笑)。 ――なります、なります。お客さんもいい人しかこないでしょうから、きっといい雰囲気の店ですよ。 斉藤 そう。そこで、この「注文をまちがえる料理店」が、ガンガン宣伝し始めたら、どう思われますか。 ――ちょっと萎えます(笑)。 斉藤 変わりますよね。そのことを僕は言っているんです。単純な数字で割り切れないものが人の心にはあるんです。お互いさまでやっているところに、お金を払うと言われると、市場規範に変わってしまいます。広告を出すとか、金銭的なインセンティブはどうだとか市場規範を「注文をまちがえる料理店」に持ち込んだ瞬間、お客さんも冷めれば、働いている人たちも冷める。でもこれまでのビジネスはそういうことよりも業務の拡大や利益ばっかり気にしていたんです。 ――うまくいっていると、必ず誰かがお金を持ってきて、もっと大きくしようぜ、となります。 斉藤 そうです。すると社員とも、お客さんともお金の関係になってしまう。 ――創業者は株を売って、いっちょ上がりと。 斉藤 創業者も最初は内発的動機でやっていたのに、資本が入ってくると変わる、変わらざるを得ないところがあります。いついつまでにいくら返済して、いついつまでに上場して、と数値目標を、顧客満足よりも優先せざるを得なくなりますから。すると、会社全体が変わります。僕はそれを30年ぐらいやってきて自分の失敗を元に書いています。

【関連記事】