Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロッシは5年連続で王座獲得。20代ですでに「生きる伝説」だった

配信

webスポルティーバ

MotoGP最速ライダーの軌跡(1)バレンティーノ・ロッシ 中 世界中のファンを感動と興奮の渦に巻き込んできた二輪ロードレース界。この連載では、MotoGP歴代チャンピオンや印象深い21世紀の名ライダーの足跡を当時のエピソードを交えながら振り返っていく。1人目に紹介するライダーはバレンティーノ・ロッシ。なぜロッシは「史上最強ライダー」と呼ばれるのか。今改めて彼の強さと魅力を読み解いていこう。 【写真】ありがとう!F1グリッドガール。世界中の美女たちを一挙公開!   バレンティーノ・ロッシの人気には、他の歴代チャンピオンやスター選手たちのそれと一線を画す大きな特徴がある。それは、二輪ロードレースに興味のなかった多くの人々をサーキットへ引き寄せた、という効果だ。  ロッシが登場するまで、ロードレースの人気は主にバイク乗りや熱狂的なモータースポーツファンたちが支えていた。観戦に来ていたのも、もっぱらその人々だった。しかし、ロッシの登場により、乗り物としてのオートバイにこれまでまったく関心のなかった幅広い層がレースに興味を持ちはじめ、サーキットを訪れたり、テレビでレース中継を観たりするようになった。  ロッシのイメージカラーである鮮やかな黄色を基調にしたデザインのTシャツをはじめ、さまざまなキャラクター商品は、どの会場でも飛ぶように売れた。ロッシ関連のグッズはいずれも、街中で着用しても違和感のない高いファッション性を備えていた点が、なによりも特徴的だった。  老若男女に愛されるアイドルスターの華やかな愛嬌は、やがて年を重ねるにつれ、ロックミュージシャンばりのカリスマ性へと進化していった。卓越したライディングセンスと年齢に似合わない老練な駆け引きは、目の肥えた玄人ファンたちをも唸らせる水準で、ロッシは「天才」「スーパースター」という呼称をほしいままにした。

2ストローク500cc最後のシーズンに16戦11勝で最高峰クラスのチャンピオンを獲得した2001年から、4ストローク990ccのMotoGPマシンが導入された翌02年にかけて、人気の上昇はまさにうなぎのぼりといえる状況だった。MotoGP元年のこのシーズン、他陣営を圧する高い性能のホンダRC211Vとロッシのコンビネーションは、無敵にみえた。  開幕戦日本GPは当然のように優勝。第2戦こそ2位で終えたが、第3戦以降は連戦連勝を続けた。破竹の快進撃で前半戦を終え、後半戦もその勢いは続くと思われたが、夏休み明けの端緒となったチェコGPでは、運悪くレース中のタイヤトラブルにより、リタイアを余儀なくされた。この時は、ロッシが速度を落としてピットボックスへ戻っていく様子をプレスルームのモニターで見ていたが、満場のロッシファンが落胆にどよめく声が室内まで聞こえてくるような気さえした。  とはいえ、次戦以後はリズムを取り戻し、結局、一年間を戦い終えてみればまたしても圧倒的優勢のシーズン。16戦11勝を挙げ、2連覇を達成した。  翌03年は契約更改の節目の年だったが、ホンダとの残留交渉は決裂し、ヤマハへの移籍が決定した。  当時のヤマハは、1992年のウェイン・レイニー以降、10年もの間ずっとチャンピオン争いから遠ざかっていた。しかも、MotoGP時代初年度のエース的存在だったマックス・ビアッジは、2003年にヤマハからホンダのサテライトチームへ移籍した。開発面でマシンの方向性を明示できるライダーが不在で、戦闘力の面でも、当時のヤマハYZR-M1は明らかにホンダRC211Vに劣っていた。03年の表彰台獲得回数は、全16戦48表彰台のうち3位が一回のみ。この惨憺たる成績が、当時のヤマハのポテンシャルを如実に物語っている。

【関連記事】